クルマというより“リビング” 団らん空間を追求した新型「ステップワゴン」

SankeiBiz

新型ホンダ・ステップワゴンがデビューした。ミドルサイズのミニバン市場は熟成しており、それだけに各社が“ドル箱”に育てているジャンル。トヨタは新型ノア・ヴォクシーをデビューさせたばかり。日産のセレナはモデル末期を迎えているが、それでも安定した販売を維持している。トヨタ、ホンダ、日産の三強が力を入れているジャンルなのだ。

新型ステップワゴン(ホンダ提供)
新型ステップワゴン(ホンダ提供)

激戦区で独自路線を突き進むホンダ

それだけに、搭載するパワーユニットも新世代のハイブリッドシステムを中心に据える。ホンダは得意の「e:HEV」を投入。トヨタはもちろん定番の新世代ハイブリッドシステム「THS II」である。日産もハイブリッドシステムを採用するが、ホンダとトヨタとは若干異なるシリーズ式ハイブリッド「e-POWER」である。それぞれ自らの技術を惜しみなく投入するジャンルなのである。

そんな激戦区で戦うステップワゴンは、やはりホンダらしく独自の路線を突き進む。トヨタが周囲を威嚇するような攻撃的ルックスで存在感を強調するのとは対照的に、ステップワゴンは柔和な顔つきが好感触だ。ゴテゴテとうねるようなデザインを盛り込むトヨタに対し、ホンダは「シンプル&クリーン」をコンセプトにしている。

ステップワゴンが狙うのは、“ミニバンネイティブ”の世代である。生まれながらにしてミニバンが身近にある世代だ。ゆえに目が肥えている。使い勝手の良さを知り抜いた世代でもある。威圧感で購買意欲を刺激するのではなく、家族的な雰囲気でユーザーのハートを捉えようとする戦略だ。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月31日OA第83話あらすじ 試作ボルトを持ってライバル企業へ、そこへ荒金(鶴見辰吾)が現れ…

  2. 【列島エイリアンズ】ザル検疫編(2) 未接種、陽性者でも入国できる日本のザルっぷり 堀江貴文氏「ウンコみたいな無駄紙」1人で複数の健康カードを入手した外国人も

  3. 「星降る夜に」1月31日OA第3話あらすじ 鈴(吉高由里子)に触れようとする深夜(ディーン・フジオカ)、2人の姿を一星(北村匠海)が目撃し…

  4. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終