クルマというより“リビング” 団らん空間を追求した新型「ステップワゴン」

SankeiBiz

新型ホンダ・ステップワゴンがデビューした。ミドルサイズのミニバン市場は熟成しており、それだけに各社が“ドル箱”に育てているジャンル。トヨタは新型ノア・ヴォクシーをデビューさせたばかり。日産のセレナはモデル末期を迎えているが、それでも安定した販売を維持している。トヨタ、ホンダ、日産の三強が力を入れているジャンルなのだ。

新型ステップワゴン(ホンダ提供)
新型ステップワゴン(ホンダ提供)

激戦区で独自路線を突き進むホンダ

それだけに、搭載するパワーユニットも新世代のハイブリッドシステムを中心に据える。ホンダは得意の「e:HEV」を投入。トヨタはもちろん定番の新世代ハイブリッドシステム「THS II」である。日産もハイブリッドシステムを採用するが、ホンダとトヨタとは若干異なるシリーズ式ハイブリッド「e-POWER」である。それぞれ自らの技術を惜しみなく投入するジャンルなのである。

そんな激戦区で戦うステップワゴンは、やはりホンダらしく独自の路線を突き進む。トヨタが周囲を威嚇するような攻撃的ルックスで存在感を強調するのとは対照的に、ステップワゴンは柔和な顔つきが好感触だ。ゴテゴテとうねるようなデザインを盛り込むトヨタに対し、ホンダは「シンプル&クリーン」をコンセプトにしている。

ステップワゴンが狙うのは、“ミニバンネイティブ”の世代である。生まれながらにしてミニバンが身近にある世代だ。ゆえに目が肥えている。使い勝手の良さを知り抜いた世代でもある。威圧感で購買意欲を刺激するのではなく、家族的な雰囲気でユーザーのハートを捉えようとする戦略だ。

  1. 木の実ナナは泣き崩れ…小川知子は「心臓がドキドキ」 芸能界から悲しみの声

  2. 独占・スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」

  3. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  4. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」