参院選候補者の横顔

栃木 板倉京氏(立新)主婦業と勉強両立し税理士に

産経ニュース
板倉京氏(立新)
板倉京氏(立新)

共働きの家庭に育ち、幼いころから「自分も働き続けるのだろう」と思っていた。だが就職後に社内結婚し、転勤族の妻に。「手に職を」と一念発起して、32歳で税理士の資格を取得した。主婦業と勉強の両立には苦労したが「厳しくてもやりがいがあれば、猪突猛進する性格」と笑う。

税や貯蓄などに関する著作が10冊ほどあるが、特に〝定年前後のお金〟を解説した本は反響が大きく、老後への不安の強さを改めて実感した。また「懸命に納めた税金が、有効に使われているのか」という声を、顧客の中小企業主らに接する中で何度も耳にした。

「破綻へ向かう年金制度や使い勝手の悪い税制を変えるため、知識や経験を役立てたい」。そんな思いが次第に強まり、党の候補者公募に手を挙げたという。喫緊の課題として「悪い物価高」への対策や、「共働きでも子供を育てやすい社会」の実現を訴える。

神奈川県横須賀市出身。夫、長男と3人家族。好きな作家は東野圭吾で、楽しみは友人とのカラオケ。

参院選2022 栃木選挙区の候補者一覧

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 秋山翔吾、広島入団決定的! 背番号『9』3年総額4億円規模、当初は西武有力も…誠意で心動いた

  5. あすの「ちむどんどん」6月28日OA第57話あらすじ 暢子(黒島結菜)に智(前田公輝)がアプローチ、和彦(宮沢氷魚)は…