「ちむどんどん」愛(飯豊まりえ)と和彦(宮沢氷魚)のキスを暢子(黒島結菜)が目撃…次週予告に「男女4人夏物語」?

iza
次週はこの4人の恋愛模様が展開する? 左から、大野愛(飯豊まりえ)、青柳和彦(宮沢氷魚)、比嘉暢子(黒島結菜)と砂川智(前田公輝)。第43話の場面から。(C)NHK
次週はこの4人の恋愛模様が展開する? 左から、大野愛(飯豊まりえ)、青柳和彦(宮沢氷魚)、比嘉暢子(黒島結菜)と砂川智(前田公輝)。第43話の場面から。(C)NHK

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の第55話が24日、放送され、番組の最後に第12週の予告映像が流れた。次週のサブタイトルは「古酒(くーす)交差点」で、主人公を中心にした恋愛模様が描かれるようで、朝ドラファンの期待が高まっている。

沖縄のサトウキビ農家の次女として生まれ、沖縄料理に夢をかけるヒロインとそのきょうだいたちの姿を描く同作。女優の黒島結菜が主人公の比嘉暢子役を演じる。タイトルの「ちむどんどん」は、沖縄の言葉で「心がドキドキする」を意味する。

第11週「ポークとたまごと男と女」(第41~45話)は、「男女の役割分担」がテーマで、暢子、姉の良子(川口春奈)、そして子供のころ暢子たちと沖縄で過ごした新聞記者の青柳和彦(宮沢氷魚)がそれぞれの場所で苦悩・奮闘する姿が描かれた。

次週は一転して、暢子たちの恋愛模様が展開されるようだ。まず、暢子の幼なじみ、砂川智(前田公輝)が珍しくスーツでビシッと決め、真剣な表情で「今日は暢子に大事な話がある」と語りかけ、おめかししてレストランで食事する暢子の後ろには、和彦の同僚で恋人の大野愛(飯豊まりえ)の姿が。そして物憂げに酒のグラスを傾けながら和彦が「デートしてたじゃないか!おしゃれしてたじゃないか!」と責めるような場面もある。暢子もどこかイライラしており、「うちにも飲みたい時があるんですよ」とやけ酒をあおり、路地裏で愛にキスしようとしている和彦を目撃してしまった暢子が「何でうちがわじわじーしてるわけ?」と困惑の表情を浮かべるシーンで締めくくられている。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?