元Hey!Say!JUMPの岡本圭人、チャイナドレス姿で妖艶な演技「挑戦的な役です」

サンスポ
舞台「M.バタフライ」の初日を迎えた左から岡本圭人、内野聖陽=東京・渋谷区
舞台「M.バタフライ」の初日を迎えた左から岡本圭人、内野聖陽=東京・渋谷区

俳優、内野聖陽(53)が24日、東京・渋谷区の新国立劇場で主演舞台「M.バタフライ」の初日を迎え、本番前に初共演となる元Hey!Say!JUMPの俳優、岡本圭人(29)と取材に応じた。

同作は世界的名作として知られ、日本では32年ぶりの上演。中国の文化大革命前夜に出会ったフランス人外交官(内野)と京劇の人気女優にふんした毛沢東の男性スパイ(岡本)の数奇な愛と悲劇を描く。劇中で2人は手を触れ合うなどして愛情を表現。岡本は〝女優〟としてセクシーな裸のバックショットや華麗な剣劇を披露する。

岡本はチャイナドレスでの所作など本番前まで入念に最終チェック。「今回は挑戦的な役です」と気合十分だが、2018~20年に米国の演劇学校に留学した影響もあり、「内野さんから(せりふの)イントネーションがおかしいと言われるときもあります」と明かして苦笑した。一方の内野は幻想的な世界観に「想像力を膨らませながら観てほしいです」とアピールした。新国立劇場の東京公演は7月10日まで。同13~15日まで大阪・梅田芸術劇場で上演される。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)の失恋に安堵の声「だまされるよりいい」「少し疑う気持ちも持って」

  2. 通信障害で「KDDI」「au」のほか「docomo」もトレンド入り

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で