参院選茨城選挙区 暮らし、教育、憲法…8新人、舌戦スタート

産経ニュース
参院選が公示され、ガンバローコールする支援者ら=22日午前、水戸市(谷島英里子撮影)
参院選が公示され、ガンバローコールする支援者ら=22日午前、水戸市(谷島英里子撮影)

参院選は22日公示され、茨城選挙区(改選数2)には届け出順に、政治団体「参政党」の菊池政也氏(37)▽無所属の堂込麻紀子氏(46)▽日本維新の会の佐々木里加氏(55)▽NHK党の丹羽茂之氏(30)▽自民党の加藤明良氏(54)▽NHK党の村田大地氏(45)▽共産党の大内久美子氏(72)▽無所属の仲村渠(なかんだかり)哲勝氏(80)の新人8人が立候補し、水戸市内など街頭で支持を訴えた。ウクライナ危機を受けた物価高対策や安全保障政策、新型コロナウイルス対策などを争点に7月10日の投開票に向け、18日間の舌戦がスタートした。

菊池氏は水戸市泉町の百貨店前で、「参政党は一昨年4月に結党した新しい党。既存の政党は『投票してくれたら、こうします』と言うが、参政党は党員自ら議論し、行動していく党だ」と強調した。

また、「幼い頃から郷土愛を育み、茨城で活躍する若者を育てることが必要」とし、重点政策として「子供の教育、食と健康・環境保全、国のまもり」を掲げ、支持を訴えた。

堂込氏は水戸市泉町の百貨店前で、「育児や病気などで働き続けることが困難な人がいる。できるだけ長く安心して働き続けられ、将来に希望を持てる社会を実現したい」と声を張り上げた。

また、県内には過疎化や少子化が進む地域があるとして「充実した教育が提供できる社会が必要。お子さんの衣食住が確実に守られ、誰一人取り残さないのが日本政治の役目」と訴えた。

佐々木氏は水戸市酒門町のホームセンター前で、「日本維新の会は既得権益がないからこそ政策を立案し、実行できる」と述べ、党への支持を呼びかけた。

さらに、「ベーシックインカム(最低所得保障)により国民に毎月7~10万円を給付することで、年金生活者や生活保護者も可処分所得を増やし、経済を潤わせる。教育費の無償化などで、少子化問題を解決したい」と訴えた。

丹羽氏はJR水戸駅南口で演説。「NHK党の立花孝志党首は既得権益と戦える唯一の人物。『NHKをぶっ壊す』といえば過激に聞こえるかもしれないが、国政政党になれたのもNHKに不満を抱く国民が多数いるからだ」とした上で、「電気、ガス、水道料金のように、利用している人が払うNHKのスクランブル化が必要だ。年金受給者の受信料も無償化したい」と訴えた。

加藤氏は水戸市千波町のホテルで出陣式。「しっかりと県の代表として国に出向き、茨城と国の発展のため、全力を尽くして働いていくことを約束させていただく」と支持を訴えた。

自民党が党是とする憲法改正については「東日本大震災や常総の水害で命を懸けて国家・国民の財産を守ってくれた自衛隊の皆さんが違憲といわれるのは申し訳ない」と、改憲論議の活発化に意欲をみせた。

村田氏はJR水戸駅南口で演説し、「地方は悲惨な状況だ。出生率の低下で働き手が減っている。若者がいない前提で政治や経済の仕組みを作るべきで、(デジタル技術を活用した事業変革の)DX化やロボット化は急務だ」と述べた。

また、新型コロナウイルス感染拡大が落ち着きをみせ、円安が進む中、「日本文化で訪日外国人客をもてなし、地域経済を復活させるべきだ」と訴えた。

大内氏は水戸市白梅の選挙事務所前で、「『弱い立場の人にこそ政治の光を』と40年間、地方議員を務めてきた。この経験を生かし、今度こそ国会を目指す」と意気込みを述べた。

また、「どこへ行っても『物価の高騰で暮らしが大変』と切実な声を聞く。真っ先に行うべきは消費税5%への減税だ」と主張し、その財源については「大企業、富裕層にこそ応分の税金をかける」と説明した。

仲村渠氏は産経新聞の取材に「明治政府が沖縄県を設置した琉球処分は武力を背景にした不当なもので認められない」との考えを示した。その上で「琉球王国の独立を一里塚に、世界連邦を目指す。比例代表で出馬し全国に訴えるべきなのだが、こうした主張を掲げる政党がない。茨城選挙区から全国に発信したい」と述べた。

参院選2022 茨城選挙区の候補者一覧

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」