NY株反落、47ドル安 景気後退懸念の高まりで

産経ニュース
米ニューヨーク・ウォール街(ロイター)
米ニューヨーク・ウォール街(ロイター)

22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比47・12ドル安の3万0483・13ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が急速な金融引き締めによる景気後退について「確かにその可能性はある」と発言し、景気の先行き懸念が再び強まって売りが優勢となった。

パウエル氏は米上院の委員会公聴会でインフレ抑制に向けて金融引き締めを進める姿勢を改めて強調した。従来見解と大きな違いがないとの受け止めから250ドル近く上げる場面もあったが、その後は売り注文が膨らんでマイナス圏に沈んだ。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も反落し、16・22ポイント安の1万1053・08。

個別銘柄では、化学のダウや建設機械のキャタピラーの下落が目立った。保険のユナイテッドヘルス・グループは買われた。(共同)

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?