間宮祥太朗主演「ナンバMG5」感動のフィナーレ!SNSには「続編期待」とリクエスト殺到<ネタバレあり>

イザ!
難破剛(間宮祥太朗)(C)フジテレビ
難破剛(間宮祥太朗)(C)フジテレビ

俳優の間宮祥太朗が主演を務めるフジテレビ系連続ドラマ「ナンバMG5」(毎週水曜後10・0)の最終話が22日、放送され、SNSには続編を求める声が相次いだ。

新しく誕生した「水10ドラマ」枠の第1弾。間宮と、「踊る大捜査線」シリーズなどで知られる本広克行監督がタッグを組み、漫画家、小沢としおさんの「ナンバMG5」(秋田書店)と「ナンバデッドエンド」(同)を実写ドラマ化した。

「ナンバMG5」最終話より(C)フジテレビ
「ナンバMG5」最終話より(C)フジテレビ

筋金入りのヤンキー一家、難破家の次男として生まれた剛(間宮)は、ケンカ生活に疑問を持ち、家族に内緒で白百合高校というごく普通の学校に入学。家族の前では特攻服姿で県内屈指のヤンキー校、市松高校に通うふりをするも、通学途中で着替え、真面目な高校生として過ごす二重生活をスタートさせた。そんな剛の秘密を知るのは市松の伍代直樹(神尾楓珠)、千鳥商業の大丸大助(森本慎太郎)、白百合に通う妹の吟子(原菜乃華)、愛犬の松(豆三郎)だけだった。

第9話(15日放送)では、ついに家族が剛の秘密を知った。剛がヤンキーとしてその名を轟かせることに期待をかける一家は、剛の告白に絶句。怒りをあらわにすると、剛も「こんな家に生んでもらって迷惑なんだよ!」と泣き叫んだ。その後、剛は家を出てアルバイトを始めたが、勤務先で兄、猛(満島真之介)を逆恨みする不良たちに遭遇。後日、不良たちが強力な助っ人を連れて剛がいる白百合に乗り込んできた。剛は特攻服に着替えて立ち向かうが、校内は警察官が駆け付けるほどの騒動になり、剛はパトカーに乗せられ連行されてしまった。

(左から)勝(宇梶剛士)、剛(間宮祥太朗)(C)フジテレビ

最終話では、剛が警察に連行されたという知らせを受けた父、勝(宇梶剛士)と母、ナオミ(鈴木紗理奈)が、剛を引き取り、家に連れ帰った。勝にこれからは遠慮しないで好きなことをやれと告げられ、両親との溝は埋まったが、猛だけはまだ剛のことを許せずにいた。

一方、白百合では剛の退学処分が決まった。しかし、これにクラスメートの藤田深雪(森川葵)らは大反対。体育館に立てこもり、教員たちに抗議した。

  1. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で

  2. 通信障害で「KDDI」「au」のほか「docomo」もトレンド入り

  3. KDDI、通信障害の原因は設備故障

  4. NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?