巨人・坂本勇人が通算410二塁打でNPB歴代単独10位に浮上

サンスポ
巨人・坂本勇人は六回、適時二塁打を放つ(撮影・大橋純人)
巨人・坂本勇人は六回、適時二塁打を放つ(撮影・大橋純人)

(セ・リーグ、巨人―DeNA、10回戦、23日、東京D)巨人・坂本勇人内野手(33)が通算二塁打数でプロ野球歴代単独10位に浮上した。

「5番・遊撃」で先発した主将は、7点を追う六回1死一塁でDeNAの左腕・東から左翼線へ適時二塁打を放った。これで通算410二塁打とし、並んでいた榎本喜八、福留孝介(現中日)を抜いた。

同9位は坂本の少年時代のあこがれでもある松井稼頭央の411本、そして同8位は〝ミスター・ジャイアンツ〟長嶋茂雄の418本。同1位は立浪和義(現中日監督)の487本となっている。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?