2022年夏・参院選

激戦!有名候補も危ない!? 首都圏・近畿圏13選挙区当落 東京、残る1議席を争う3氏 政治評論家・有馬晴海氏が情勢分析

zakzak
大激戦の東京選挙区を争う立憲民主党の蓮舫氏(写真)と自民党の生稲氏
大激戦の東京選挙区を争う立憲民主党の蓮舫氏(写真)と自民党の生稲氏
その他の写真を見る (1/6枚)

夏の参院選が公示され、7月10日の投開票に向けて545人の候補者らは一斉に走り出した。国民生活や企業活動を直撃している円安・物価高対策や、ロシアによるウクライナ侵攻で激変した安全保障政策、自衛隊違憲論争に終止符を打つ憲法改正などを主要争点として、舌戦が繰り広げられそうだ。現時点で、首都圏(1都6県)と、近畿圏(2府4県)の序盤情勢はどうなっているのか。鋭い選挙分析で知られる政治評論家、有馬晴海氏に13選挙区の分析を依頼した。

「私は乳がんの闘病経験をしました。自分の命をつないでいただきました」「弱い立場の方々の力になりたい」

元おニャン子クラブで自民党新人の生稲(いくいな)晃子氏(54)は22日午前、東京都千代田区のJR有楽町駅前で、第一声を上げた。

東京選挙区は6年前、改選定数が5から6に増えた。主要政党から無所属候補まで乱立する「全国一の激戦区」だ。

自民党は、知名度が高く無党派層に浸透しやすい生稲氏と、現職で元五輪ビーチバレー選手の朝日健太郎氏を擁立した。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗