戦略コンサルタントとは? 仕事内容や年収、転職方法を徹底解説

SankeiBiz

はじめに

戦略コンサルタントという職業を聞いたことがあるでしょうか。どんなことをして、どれくらいの年収を得ているのかなど詳しいことを知っている方は少ないのではないでしょうか。

この記事では、

・戦略コンサルタントの詳しい仕事内容

・戦略コンサルタントの年収

・戦略コンサルタントになるためのスキルは

・戦略コンサルタントへ転職するには

について説明します。

※画像はイメージです(GettyImages)

戦略コンサルタントの詳しい仕事内容

会社を良い方向に進め、企業の発展や成長を手伝うのが戦略コンサルタントの仕事です。戦略コンサルタントは具体的にどんな仕事をしているのでしょうか。

クライアントから問題点や悩みを聴取

まずは依頼のあった企業から悩みや問題点を聴取します。企業からの相談は、マーケティング戦略、営業戦略、新規事業への参入など経営面での相談はもちろん、人事制度や財務会計制度など多岐にわたるものです。どんな問題をどのような形で解決するのかを計画するために、深掘りして問題点の核心を汲み上げます。

事業計画の立案

クライアントから問題点を聴取した後は、その問題点に対する計画の立案です。多くのコンサルタント会社は、戦略を計画・実行するために、プロジェクトチームを立ち上げます。

一旦計画を立てた後は、その計画がうまく実行され、結果が伴いそうかチームで検討を重ねます。

専門家へ意見を聴取

計画の立案をしている最中、どのような方向性で進めば良いのか、何を主体においてコンサルティングを行えば良いのか手詰まりになる可能性があります。その際は、その問題点に対する専門家の意見を聞きます。コンサルタント会社は様々な問題点を解決していきますが、すべての専門とは限りません。様々な意見を取り入れることで、解決策を見出すケースもあります。

事業計画の練り直し、実行

専門家の意見やチーム内での検討を重ねた後、クライアントに計画を提出します。その案がクライアントに受け入れられれば、今度は実行のサポートに入ります。

計画案を提出するだけのコンサルタント会社もありますが、結果が出るまでサポートし、クライアントと一緒に仕事を行うコンサルタント会社も多くなってきました。

戦略コンサルタントの年収は?

仕事内容を理解したうえで、年収が気になる方も多いのではないでしょうか。

戦略コンサルタントの平均年収は約742万円です。

日本の平均年収が約450万円と言われている中で、戦略コンサルタントの平均年収はかなり高い方だといえるでしょう。

最もボリュームが多いのは500万円~700万円のレンジであり、全体の給与幅は400万円~1500万円と比較的広いです。勤め先や会社での経験年数、スキルなどによって年収の差があります。早く高い給料をもらうには、それなりに経験を積んでスキルを磨く必要もあります。

戦略コンサルタントになるために必要なスキル

では、戦略コンサルタントで活躍するために必要なスキルや資格は何でしょうか。

特に必要だと思うスキルをお伝えします。

※画像はイメージです(GettyImages)

論理的思考力

戦略コンサルタントは企業の今後についてアドバイスを伝えます。社運を賭けたプロジェクトにアドバイスを伝えることもあるでしょうし、人事や財務制度など今後の会社のあり方に助言を伝えることもあるでしょう。

そのようなときには、あなたの伝えるアドバイスが、会社側に納得されたうえで採用されることが大事です。そのアドバイスに説得力や納得感を持たせるために、論理的に話を組み立てる能力が必要となってきます。論理的思考力は、すぐに身につくことはなかなかできません。本を読んだり、論理的思考力を用いて話をしている人に話を聞いたりして、徐々に鍛えていきましょう。

傾聴力

戦略コンサルタントは、企業の経営陣から話を聞き、企業の問題点や悩みに寄り添って助言します。そのため、的確に問題点を捉えて、的確なアドバイスを送ることが大切です。相手のニーズを正確に捉える傾聴力が必要です。もし相談事を異なった意味で受け取ってしまうと、的外れなアドバイスを送ることになり、企業から不信感を持たれかねません。ですので、傾聴力を鍛え、相手が話す内容を的確に捉えるようにしましょう。

コミュニケーション能力

相手からの相談を受ける際、踏み込んだ内容も聞かなければいけない時があります。例えば、会社の財務状況や人事制度を聞き、それらに対して話さなければならないかもしれません。また、会話の中で相手の本音を引き出し、表面的な内容だけでなく、相談ごとの本質を突かなければなりません。

そのため、コミュニケーション能力が低ければ、本音も引き出しづらいでしょう。コミュニケーション能力は、人と話すことでも鍛えられますが、様々なツールで情報を集めることでも鍛えられます。会話中に集めた情報を話すことやその情報に紐づけて相手の本音を引き出すこともできるでしょう。

まとめ

戦略コンサルタントとして活躍するには、それなりの経験と知識が必要です。またそれらを活かして、的確に企業の問題点を捉え、的確なアドバイスを送り、企業が良い方向に進むことを手助けしなければなりません。

そのため前職で実績を積み上げなければ、転職活動でも厳しい結果となるでしょう。コンサルタント会社に就いている方も、そうではない方も、多くの情報に触れ、自分の武器とすることが、コンサルタントとして活躍できる条件ではないでしょうか。


  1. 企業からの面接日程のメールにはどう返信するべき? ポイントや例文を紹介

  2. 退職した会社から離職票が来ないとどうなる? 届かない理由と対処法を紹介

  3. 紛失した離職票は再発行できる!? 再発行に必要な書類や申請方法を解説

  4. 退職届の用紙はどれを選ぶ? 退職届を作成する際の用紙・封筒のNGとは

  5. 失業手当を受給している間は扶養に入れる? 受給中の扶養について解説