「NON STYLE」石田明原案の漫画連載スタート トマトの妖精がM-1目指す物語 北海道下川町とコラボ

イザ!
NON STYLEの石田明が原案を務める北海道・下川町が舞台の漫画「トマト漫才師『下川はるかエイト』」
NON STYLEの石田明が原案を務める北海道・下川町が舞台の漫画「トマト漫才師『下川はるかエイト』」

お笑いコンビ、NON STYLEの石田明が原案を務める北海道・下川町が舞台の漫画「トマト漫才師『下川はるかエイト』」が22日からしもかわ観光協会公式ツイッターと「下川はるかエイト」の公式インスタグラムで連載がスタートした。

トマトの妖精「はるか」と「エイト」が、石田に弟子入りし、同町の職員と日本一の若手漫才師を決める「M-1グランプリ」に挑戦する物語。彼らをスターにしようと奮闘するドタバタコメディーで、毎週月・水・金曜日の午後0時に配信される。

2018年からスタートした北海道下川町と吉本興業のSDGs(持続可能な開発目標)推進における包括連携協定プロジェクトの一環として制作され、昨年は第1弾として、石田が監修として参加した4コマ漫画が全42話で制作・配信。単行本化も予定されているという。

石田は、「とてもキュートなキャラクターたちがおもしろおかしく夢に向かってがんばります。仕事帰りや学校帰り、夜眠る前にでも読んで癒やされてください」とコメントを寄せている。

漫画の連載を記念し、フルーツトマト「はるかエイト」などが当たる「下川はるかエイトSNSキャンペーン」も実施されている。



  1. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で

  2. 通信障害で「KDDI」「au」のほか「docomo」もトレンド入り

  3. KDDI、通信障害の原因は設備故障

  4. NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?