昭和54年の「大崎事件」、再審開始認めず 鹿児島地裁決定

産経ニュース

鹿児島県大崎町で昭和54年、男性が自宅横の牛小屋から遺体で見つかった「大崎事件」で、殺人罪などに問われて懲役10年が確定し服役した原口アヤ子さん(95)の第4次再審請求に対し、鹿児島地裁(中田幹人裁判長)は22日、裁判のやり直しを認めない決定をした。共犯とされた元夫(故人)の再審開始も認めなかった。過去の請求審では、地裁と高裁段階で計3度、原口さんの再審開始が認められたが、いずれも上級審で決定が覆っている。

事件の物証は当初から乏しかった。原口さんは捜査段階から一貫して犯行を否認したが、共犯とされた親族3人が犯行を「自白」。それが裁判で有力な証拠と認定され、全員の実刑が確定した。親族3人はすでに死亡している。

今回の4次請求で弁護側は、司法解剖時の写真や解剖医の過去の公判説明を基に救急医が調べ直した医学鑑定書などを、新証拠として提出。確定判決は男性が自宅で絞殺されたと認定したが、実際には直前に自転車の単独事故を起こした男性が近隣住民の車で自宅へ搬送された際、すでに死亡していたと訴えていた。

被害者の男性が死亡直前に自転車で転落したとされる溝=鹿児島県大崎町(西山瑞穂撮影)
被害者の男性が死亡直前に自転車で転落したとされる溝=鹿児島県大崎町(西山瑞穂撮影)

確定判決によると、昭和54年10月12日夜、中村邦夫さん=当時(42)=が酔いつぶれて自転車で溝に転落する事故を起こした後に、近隣住民2人に自宅まで車で搬送された。原口さんは義弟の中村さんの生活態度に不満を募らせており、当時の夫や義弟2人と共謀。中村さん宅で首をタオルで絞めて殺害し、牛小屋の堆肥に埋めて遺棄したとされた。

原口さんは服役後の平成2年に出所し、7年に初めて再審請求した。1次請求で鹿児島地裁が、3次請求で鹿児島地裁と福岡高裁宮崎支部が裁判のやり直しを決定したが、いずれも上級審が決定を覆した。


■再審 

有罪が確定した事件の裁判をやり直す手続き。刑事訴訟法は要件について、無罪にすべき新たな証拠が見つかったときと規定している。昭和50年の最高裁の「白鳥決定」は、「疑わしきは被告人の利益に」という刑事裁判の原則を再審請求審にも適用。新旧の証拠を合わせて検討し、「確定判決の事実認定に疑いがあれば再審を始めるべきだ」と比較的緩やかな新基準を示した。

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. 「たばこ吸わない、お酒飲まない…」元KAT―TUN・田中聖の〝奇行と予兆〟 覚醒剤所持の疑いで逮捕 インスタにはタトゥー写真投稿、本人はクリーンさ主張