ダルビッシュ、自身3連勝で7勝目!日本投手初のサイ・ヤング賞を視野に

サンスポ
ダイヤモンドバックス戦の五回、ロハスを空振り三振に仕留め雄たけびを上げるパドレスのダルビッシュ。7勝目を挙げた=サンディエゴ(共同)
ダイヤモンドバックス戦の五回、ロハスを空振り三振に仕留め雄たけびを上げるパドレスのダルビッシュ。7勝目を挙げた=サンディエゴ(共同)

【サンディエゴ(米カリフォルニア州)20日(日本時間21日)=山田結軌】米大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手(35)がダイヤモンドバックス戦に先発。7回4安打1失点、5奪三振の好投で自身3連勝の7勝目(3敗)を挙げた。チームは4-1で勝利し、連敗を3でストップした。

■「ムキにならずに」7回1失点 幻惑する魔球とメンタル術でチームを救った。連敗を3で食い止め、ナ・リーグ西地区首位のドジャースにゲーム差なしの2位。ダルビッシュは「体が重い状態」といいながらも、7回1失点の好投で勝利に貢献した。

「自分に対してほめるとか、そういう部分は正直ない。基本的にかわして、かわしてという投球だった。とりあえず六回をゴールにして、相手に早いコンタクトをさせる。ムキにならずにやった」

立ち上がりに苦しんだ。一回に1安打3四死球と犠飛で先制を許した。要した球数は33球。「これやばいな、と。きょうは長いイニング投げないといけない」。生命線の球種、カットボールで活路を見いだす。104球中42球がカットボール。カウントが不利になっても「それまでに投げているカッターと違う変化で投げた」と工夫を凝らし、縦、横、斜めと自在に変化を操った。奪三振は5個と少なかったが、フライアウト10個、内野ゴロ6個と的を絞らせず、芯を外してバットを2本折った。

修正能力で勝利につなげた。三回終了時点で60球も最終的には7回4安打1失点、104球でまとめた。安定した投球は落ち着いたメンタルコントロールに裏打ちされる。本塁打性の大飛球に対する考え方にダル流の思考法がある。

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  4. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終