「がん治療の放射線で小腸機能失う」 広島地裁で初弁論

産経ニュース

広島県の女性(70)が同県呉市の「呉医療センター・中国がんセンター」でがん治療を受けた際、患部ではない小腸に放射線を照射され小腸の機能を失ったとして、センターを運営する国立病院機構に損害賠償約2850万円を求めた訴訟の第1回口頭弁論が21日、広島地裁(絹川泰毅裁判長)で開かれた。

原告側は担当医師の注意義務違反だと主張。被告側は、患部のみに放射線照射することは不可能で、手術による合併症の可能性は事前に説明していたとして請求棄却を求めた。

訴状によると、女性は子宮頸がんによる子宮摘出手術後の令和3年1~2月、放射線治療を受け、小腸にも照射を受けた。女性はその後腹痛を訴えて同7月に別の病院で手術を受け、放射線性腸炎と診断された。食事ができなくなり、点滴での栄養補給を余儀なくされたとしている。

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. 「たばこ吸わない、お酒飲まない…」元KAT―TUN・田中聖の〝奇行と予兆〟 覚醒剤所持の疑いで逮捕 インスタにはタトゥー写真投稿、本人はクリーンさ主張