帰国独占撮! 秋山翔吾獲り三つどもえ 西武、ソフトバンクに加え広島も参戦か

サンスポ

3年ぶりとなる日本でのプレー。米球界関係者によると、新たにセ・リーグ4位の広島も秋山の獲得に乗り出す可能性が出てきた。チームは正中堅手の西川が下半身のコンディション不良で6月5日に出場選手登録を抹消され、復帰へのめどが立っていない。外野の選手層が薄く、内野手の上本が回っているほどで、西武時代の2015年にプロ野球記録のシーズン216安打をマークするなど4度の最多安打に輝いた秋山が加われば、攻守でこれ以上ない補強となる。侍ジャパンでチームメートだった菊池涼が在籍し、溶け込みやすい環境がある。

ソフトバンクも同学年で親交のある柳田が在籍し、4月のレッズ退団後には電話を受けた。栗原、上林の両外野手が故障で長期離脱を強いられており、外野手補強が急務となっている。古巣の西武には秋山自身が恩義を感じており、渡辺GMは「オファーを出したい」と真っ先に獲得意思を表明している。

レッズでは2シーズンで満足のいく成績を残せなかったが、5月からプレーしたパドレス傘下3Aでは16試合に出場し、打率・343(70打数24安打)、3本塁打、21打点、2盗塁と好成績を残している。

3年ぶりの日本復帰へ、移籍先は西武、ソフトバンク、広島と三つどもえの様相を呈してきた。秋山の決断に注目が集まる。

★木田らシーズン中NPB復帰 シーズン途中にMLBからNPBへ復帰した選手は珍しくない。2000年6月9日にタイガースから契約を解除された木田優夫が古巣のオリックスへ復帰。救援で24試合に登板し、03年にドジャース、04年途中からはマリナーズでプレーした。近年では17年3月28日に川崎宗則がカブス3Aからリリースされ、同31日に古巣のソフトバンクへ復帰。昨年6月3日には山口俊がジャイアンツ3Aからフリーエージェントとなり、同10日に古巣・巨人との契約合意が発表された。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月11日OA第89話あらすじ ついに暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴開催!ゲストが一堂に会し…

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月12日OA第90話あらすじ 暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴、賢秀(竜星涼)の出席が危うくなり…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」