日本ハム・吉田輝星「皆さんの応援に応えたいという思いでした」 凱旋登板も五回途中降板

サンスポ
日本ハム・吉田輝星は四回までは好投した=こまちスタジアム(撮影・中井誠)
日本ハム・吉田輝星は四回までは好投した=こまちスタジアム(撮影・中井誠)

(パ・リーグ、楽天―日本ハム、10回戦、21日、秋田)日本ハム・吉田輝星投手(21)が地元・秋田で凱旋登板も、4回⅓を4安打2失点で白星をつかむことはできなかった。

「高校生以来のこまちスタジアムでしたが、しっかりと抑えて球場に来てくださった皆さんの応援に応えたいという思いでした」

四回までわずか1安打に抑える快投を披露した。力強い直球で押し、走者を得点圏に背負うことすらなかった。しかし打線が楽天先発・則本を前に好機を作りながらも得点できず。援護がないまま迎えた五回に銀次の中前打、辰己の四球からピンチを背負い、1死二、三塁で太田に中前2点打を献上して先制を許してしまった。「最後の最後に甘いところにボールが行ってしまい、粘り切れませんでした。死に物狂いであと2つのアウトを取りたかったです」と振り返った。

こまちスタジアムは幼いころプロ野球観戦に足を運んだ思い出の球場。金足農高3年時には甲子園出場を決めた場所でもある。のちに甲子園準優勝を果たし、列島を〝金農旋風〟として席巻する始まりの地となった場所。地元のスターとなり、プロ野球選手として凱旋する姿を一目見ようと、スタンドは満員のファンで埋め尽くされた。

凱旋勝利とはいかなかったが、故郷へ雄姿は届けた。「地元秋田で投げることができ、とても幸せな気持ちです」。プロ4年目。成長した姿を見せた右腕に、降板時には場内全体から大きな拍手が送られた。

  1. 島田陽子さん逝く…大腸がん闘病3年69歳 ヘアヌードに不倫…清純派から壮絶人生

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  4. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)がねずみ講に…優子(仲間由紀恵)巻き込む展開に視聴者悲鳴、和彦(宮沢氷魚)には「教えてあげないと!」の声

  5. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月18日OA第94話あらすじ 自分の店を諦めようとする暢子(黒島結菜)に、良子(川口春奈)らがある提案を…