宝島社の書籍『年収200万円で豊かに暮らす』が物議 Twitterで「暮らせるわけない」などの声 「年収200万円」の国民構成比は?

ITメディア

「年収1000万円以上」はわずか5.4%

ちなみに、女性が結婚相手の男性に求める条件の1つとして「年収1000万円」というものを挙げる時代が過去にあった。同様に同調査から計算したところ、年収1000万円以上は240万6000人で、構成比にすると、わずか5.4%だった。

データから見ると、日本国内において、年収1000万円以上はかなりの“希少種”ということが分かる。年収1000万円以上の労働者は、それ相応の激務に耐え、努力の対価として稼いでるケースが多い。高収入の男性を射止めるには、彼らに見合った知性・人格とともに、話題を合わせられるよう価値観の点で自身も同程度の収入が必要との考えも、1つの見方としてあるだろう。

日本の平均年収を巡っては、OECD(経済協力開発機構)が公表している年間平均賃金額によると、OECD加盟国の平均が4万9195ドル(1ドル135円レートで664万1325円)であるのに対し、日本は3万8515ドル(同519万9525円)と、平均値を大きく下回っている。

イタリア(3万7769ドル)やスペイン(3万7922ドル)の平均額はかろうじて上回っているものの、日本は米国(6万9392ドル)の55.5%にとどまっており、主要先進国の中でも低水準の数値となっている。

OECD加盟国の平均賃金(出典:OECD公式Webサイト)
  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  3. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  4. 【衝撃事件の核心】それは青アザから始まった…「オバQ」といわれた25歳被害女性、歯をペンチで折られた暴行の実態

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗