乳児死因、突然死症候群か 釧路の保護責任者遺棄事件

産経ニュース
北海道警察本部=札幌市中央区
北海道警察本部=札幌市中央区

北海道釧路市で2歳の長男と生後4カ月の次男が自宅に放置され、次男が死亡した事件で、死因は乳幼児突然死症候群(SIDS)だった可能性が高いことが21日、捜査関係者への取材で分かった。

次男は意識不明の状態で発見され、病院で死亡が確認された。道警は10日、自宅に兄弟を放置して長時間外出したとして、保護責任者遺棄の疑いで、会社員、阿部光浩容疑者(35)と10代の妻を逮捕していた。2人はパチンコをするため外出していたという。

捜査関係者によると、兄弟に目立った外傷はなく、成育状況にも問題はなかった。司法解剖の結果、次男の死因は窒息や熱中症ではなかったことなどから、道警はSIDSの可能性が高いとみて、詳しい経緯を調べている。

阿部容疑者と妻の逮捕容疑は8日午前8時半~午後10時ごろ、自宅に兄弟を放置して外出した疑い。

  1. スタバ「メロンフラペチーノ」が販売開始!ネットの評判は…?

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」