定年後の居場所

家族の幸せは一緒に過ごした時間が大事 孫と遊んで自分の中の「子供」発見

ZAKZAK

幼稚園が春休みということで4歳の孫の面倒をみることになった。コロナ禍もあって会うのは3カ月ぶりだった。朝の9時頃に娘の家に到着して、しばらく家の中で遊んだ。恐竜のおもちゃの組み立てを一緒にやっていると、新たなパーツを付け加える時に「ここがポイントやでぇ」とこましゃくれたことを言う。親の発言をまねているのだろう。

それからスーパーのイオンに行く。店内に入っておもちゃ売り場で恐竜や電車、トラックなどの商品を見て、フードコートで少し早い昼食をとった。子育て世帯が、協賛店や施設などで割引などの特典を受けられる会員制度があって、地方公共団体ごとに登録できるそうだ。全国チェーンのうどん店で、小サイズのうどんが割引で食べることができる。私が子育てをしている時代には、こういうサービスは考えられなかった。

食べ終わると孫は「おじいちゃん、ゲームしよう」と私を誘った。隣に子供が遊べるゲームセンターがあったからだ。小さな子供たちが身体を動かすことができるスペースもあれば、デジタルの盤面で遊べるゲームもある。その種類の豊富さに驚いた。ゲームの遊び方はよく分からなかったが、とにかく1000円でコインを買って始めてみた。孫も喜ぶので2人で対戦して得点を競い、一緒にUFOキャッチャーにチャレンジした。なかなかうまくはいかない。すぐに次のコインを買わなければならなかった。

私は子供の頃、家の近くに映画館や演芸場とともにゲームセンターがあった。近所の兄ちゃんたちの後によくついて行った。金属の球をフリッパーで打ち返して点数を競うピンボールが中心で、コーラを飲みながら横にあったジュークボックスで曲を選んで聴くのがカッコよかった。社会人になる頃はスペースインベーダーゲーム(タイトー)にハマったことも思い出した。盤面に置いた100円玉がすぐになくなった。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)の失恋に安堵の声「だまされるよりいい」「少し疑う気持ちも持って」

  2. 通信障害で「KDDI」「au」のほか「docomo」もトレンド入り

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で