京都・ウトロ地区に放火 男に懲役4年求刑

産経ニュース

先の大戦中、飛行場建設に従事した朝鮮人労働者の子孫らが暮らす京都府宇治市の「ウトロ地区」の家屋に火を付けたとして、非現住建造物等放火などの罪に問われた無職、有本匠吾被告(22)の論告求刑公判が21日、京都地裁(増田啓祐裁判長)で開かれ、検察側は懲役4年を求刑して結審した。判決は8月30日。

検察側は論告で「在日朝鮮人への一方的な嫌悪感と社会的注目を集めたいという動機は身勝手で悪質。反省の色も乏しい」と指摘。弁護側は最終弁論で「失業し社会から孤立したことで自暴自棄となっていた」とし、情状酌量を求めた。

有本被告は「放火は単なる個人的な感情じゃない。何が事件の背景にあるのか考えなければならない」と述べた。

起訴状によると、昨年8月、ウトロ地区の木造家屋に放火し、計7棟を焼損させ、昨年7月には、在日本大韓民国民団の愛知県本部と名古屋韓国学校にも火を付け、壁面などを焼損させたとされる。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」