宇都宮・安斎監督が退任発表 今季Bリーグ制覇の名将/バスケ

サンスポ
記者会見で退任を発表し、理由などを話す宇都宮・安斎竜三監督(Zoom画面より)
記者会見で退任を発表し、理由などを話す宇都宮・安斎竜三監督(Zoom画面より)

バスケットボール男子・Bリーグで今季、宇都宮をリーグ発足初年度の2016-17年シーズン以来2度目の優勝に導いた安斎竜三監督(41)が20日、宇都宮市内で記者会見し、今季限りで退任すると発表した。後任は未定。

「自分のバスケット観に新しいものが出てこない、厳しくなってきた。もう一回考え直す時間が欲しいと、最終的な決断に至った」と、理由を話した。

17-18年シーズン途中にアシスタントコーチから昇格。昨季は4年間手塩にかけて育てた充実した戦力で臨んだが、チャンピオンシップ決勝で敗れて優勝に届かなかった。そのころから「自分のバスケットを正しいと思って求め続けたが、疑問が生じた」という。

準優勝を区切りに退任を考えたが、鎌田真吾GMから「まだ優勝するチャンスもあるので一緒に頑張ろう」と慰留され、「もう1年頑張ろうとやってきた」。メンバーが代わり、新たにチームを作り始めた今季は予想外の結束で優勝。「土台を変えずやっていったら最後に勝てた。こうだと思ってきただけじゃなかったと発見できたのはよかった」と優勝を振り返った。

退任の意向は、主将で同期の田臥勇太(41)には事前に伝えていたが、他の選手には優勝後に話した。ある程度勘づいていた選手もおり、「報われてよかった、優勝できてよかったという話をくれた」。笑顔を見せ、「(シーズン中から)やり切って終わろうと思っていてやり切れた。すっきりした気持ちで未練はない」と心境を表した。

福島県出身。福島工高から拓大、大塚商会(日本リーグ)、埼玉(bjリーグ)をへて07年に栃木(現宇都宮)へ。13年に引退するとチームのアシスタントコーチに就いた。「学生時代にいいチームに行けず、社会人として頑張っていてチャンスをもらった。クラブに返すという思いでやってきて、全部がいい思い出」と宇都宮での15年間を振り返った。

「スポンサーやファンにお金や時間を割いて応援してもらっている。何か返さなきゃいけないという責任だけは常にもってやってきた。毎試合、応援してよかったと思ってもらえるチームを作ってきた。それが僕がバスケットをやっている幸せかと思う」。応援してもらえるチーム作りを心掛けてきたとし、「栃木といえばブレックスと、バスケットを知らない人でも知っているチームになるように、クラブとして突き進んでいかないと」と、自身が去るチームの今後に期待した。

自身は「具体的な計画はまだない」としつつも「海外の試合を見たり、現地に行けるならいって、いろんなコーチから学びたい」と、指導者としてブラッシュアップしたいと話した。


  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)の失恋に安堵の声「だまされるよりいい」「少し疑う気持ちも持って」

  2. 通信障害で「KDDI」「au」のほか「docomo」もトレンド入り

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

  4. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害