〝省エネ投法〟で交流戦防御率0・00 日本ハム左腕エース・加藤貴之/箭内桃子のBehindTheBall(7)

サンスポ
省エネ投法で好投を続ける日本ハム・加藤貴之
省エネ投法で好投を続ける日本ハム・加藤貴之

〝ミスターゼロ〟を襲名だ。日本ハム・加藤貴之投手(30)が今季の交流戦で4試合に先発し、計26イニングを無失点。全日程を終了してセ・リーグの勝ち越しとなった今季において、セ界を相手に1点も取られない快投を披露した。

「ちゃんとチームが勝ったので、自分がやるべきことはできたかなと思います」

交流戦で規定投球回に到達して防御率0・00を達成するのは2015年の阪神・メッセンジャー、今季の阪神・青柳に続き3人目。パ・リーグからは初の快挙となった。最初の3試合では無失点投球を続けながらも打線の援護に恵まれず、勝ち星がついていなかった左腕。それでも「ゼロに抑えれば負けない」と気合を入れ、12日の中日戦(札幌ドーム)で7回6安打無失点とし、ようやく3勝目をつかんだ。

12日の中日戦(札幌ドーム)は、前回登板から中4日でのマウンドだった。自身初の間隔に「一回やってみたかった。次回はいい感じになる調整をしたい」と経験の引き出しを増やした。登板間隔が詰まっても好投できる裏側にあるのが〝省エネ投法〟だ。

12日の中日戦で勝ち星をつかみ、お立ち台で笑顔の加藤貴之
12日の中日戦で勝ち星をつかみ、お立ち台で笑顔の加藤貴之


試合では、ブルペンの6割程度の力で投げる。「球が速くないので、コントロールが大事」。この意識で今季は13試合で3勝4敗、防御率1・76と先発ローテーションの中心を担う活躍。13試合で四死球は5と、制球力も光っている。

「勝ち星は運だと思う。打者一人ひとりに集中して、ゼロで終われるように」

1点も取られなければ、負けることはない。マウンドで美学を体現し続ける。(サンケイスポーツ・日本ハム担当)

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  3. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 25歳・大山亜由美さん死去 がん闘病1年…芸能事務所オスカーと契約、長身美人ゴルファー