巨人・増田陸、勝負強さ抜群打 「父の日」に父の教え胸に2点打

サンスポ
岡本和のソロで先制した四回、売り出し中の増田陸が左前に2点打を放った
岡本和のソロで先制した四回、売り出し中の増田陸が左前に2点打を放った

巨人は19日、中日12回戦(バンテリンドーム)に5-3で勝ち、連敗を4で止めた。高卒4年目の増田陸内野手(22)が四回に左前2点打を放ち、日曜日に8連敗を喫していたチームの勝利に貢献。昨季終了後に育成契約となりながら、打撃を買われて開幕前に支配下選手に復帰した若武者が、「父の日」に晴れ姿を見せた。

増田陸(中央)は坂本(右端)らと勝利のハイタッチを交わした(撮影・斎藤浩一)
増田陸(中央)は坂本(右端)らと勝利のハイタッチを交わした(撮影・斎藤浩一)

血気盛んな22歳が、好機で燃えないわけがない。「負けるな」-。父・浩三さん(48)から、たたき込まれた勝負根性。リードを広げた増田陸の2点打には、持ち前の気迫がこもっていた。

「常にそういう気持ちでやっているから、いい場面で結果が出ていると思います」

四回1死から岡本和のソロで先制し、坂本とポランコの連打でなお二、三塁。柳がカウント2-2から内角低めに投じた142キロの直球をたたいた。詰まりながらも左前へ運び、一塁上で豪快に右拳を突き上げた。

チームが8連敗を喫していた日曜日に、勝利を呼び込む一打。これで得点圏では16打数7安打9打点、打率は・438だ。茨城・明秀学園日立高からドラフト2位で入団して4年目。パンチ力のある右打者は勝負強さを発揮し、一塁のレギュラーをつかもうとしている。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 秋山翔吾、広島入団決定的! 背番号『9』3年総額4億円規模、当初は西武有力も…誠意で心動いた

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」