「鎌倉殿の13人」久々の“アサシン”善児に視聴者震撼!「油断してた」 殺さなかった少女は「孤児トウ」か

イザ!

この場面を受け、SNSには「出た善児!」「気配なく近寄る善児の不気味なこと」「(範頼が)死罪を免れたとき本気でほっとして…ラストであれですよ」といったコメントが殺到。多くの視聴者を震え上がらせた。BSプレミアム午後6時からのいわゆる“早鎌倉”放送中から、「善児」がヤフーリアルタイム検索やツイッターのトレンド上位にランクインする事態となった。

善児は直近の登場回では、義時が義経(菅田将暉)を匿っていた奥州藤原氏を訪ねた際に同行し、助手兼ボディーガードを務めたほか、曽我兄弟事件では、事前に情報を察知するスパイのような役回りをしていたことから、「善児が出るからって毎回殺しに関わるわけじゃないんだと油断してただけに」と不意を突かれた大河ファンも少なくなかった。「カメラのピントが合わぬところで善児が…」というように、大きなナスを収穫して喜ぶ範頼の奥に、ぼんやりと写り込む形で登場する演出も、恐怖心を煽ったようだ。

善児は、範頼と一緒にいた村人2人も一緒に殺したが、直後にその場を通りかかった少女には一旦向けた刃を下ろした。少女がその後どうなったのかは定かではないが、「暗殺者の素質ありと 見込まれたか」「善児のもとで教育され暗殺娘として成長すると推測」など、善児が養育すると予想したユーザーが散見された。8日発表された追加キャストの1人、山本千尋が演じるのが「善児に育てられた孤児、トウ役」とされていることから、「殺さなかった少女はトウ?山本千尋さんになるの?」「こないだ紹介されてた女アサシンになるのかと思うと、ちょっと気分は複雑」と、この少女に結びつけた人が多かった。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月18日OA第94話あらすじ 自分の店を諦めようとする暢子(黒島結菜)に、良子(川口春奈)らがある提案を…

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 島田陽子さん逝く…大腸がん闘病3年69歳 ヘアヌードに不倫…清純派から壮絶人生

  4. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  5. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐