政府、景気判断据え置き 先行き感染症リスク削除

産経ニュース
首相官邸で開かれた月例経済報告等に関する関係閣僚会議=20日午後
首相官邸で開かれた月例経済報告等に関する関係閣僚会議=20日午後

政府は20日、6月の月例経済報告を発表し、国内景気の基調判断を「持ち直しの動きがみられる」で据え置いた。先行きのリスク要因として言及を続けてきた「(新型コロナウイルス)感染症による影響」を削除。5月の報告以降、基調判断からコロナの記述をなくしており、感染対策と経済活動の正常化が両立しつつある状況を踏まえた。

個別項目では消費者物価について、前月に続いて「このところ上昇している」とした。個人消費は外食や旅行などのサービス消費が戻りつつあり「持ち直しの動きがみられる」で維持した。

生産の判断は、半導体不足による自動車の停滞などを踏まえ「持ち直しの動きに足踏みがみられる」に引き下げた。一方、住宅建設は賃貸や分譲のマンション需要が増えており「底堅い動きとなっている」に上方修正した。輸入は中国のロックダウン(都市封鎖)が解除されて携帯電話などが増え「下げ止まっている」に引き上げた。

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  4. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終