中国「618」セール 取引額7・6兆円も伸び率は鈍化

産経ニュース
中国で年央に行われる恒例のインターネット通販セール「618」をアピールする看板=16日、北京市(三塚聖平撮影)
中国で年央に行われる恒例のインターネット通販セール「618」をアピールする看板=16日、北京市(三塚聖平撮影)

【北京=三塚聖平】中国で年央に行われる恒例のインターネット通販セール「618」が18日に終わった。セールを主導する中国ネット通販大手の京東集団(JDドット・コム)によると、期間中の累計取引額が3793億元(約7兆6千億円)だった。前年実績比10・3%増だったものの、伸び率は昨年(27・7%)から大幅に鈍化した。

「ゼロコロナ」政策の下で新型コロナウイルスの感染対策が強化されていることを受け、物流網の混乱や消費意欲の減退が逆風になったようだ。中国政府は景気のテコ入れに力を入れているが、当面は消費悪化が中国経済の足を引っ張るとみられる。

中国メディアによると、京東は5月31日からセールを開始。セール期間中、京東は北京市や広東省深圳(しんせん)市など15の地方政府と組み、計7億元超の「消費券」を配布するなど需要喚起に努めた。

今年も過去最高の累計取引額を更新したものの、これまで続いていた前年比3割前後の伸びには届かなかった。期待されていたコロナ禍からの「リベンジ消費」の効果は限定的だったとみられる。市場関係者は「過去最も寂しい618商戦」に終わったという見方を示している。

618セールは、京東の創業日の6月18日を記念し、2010年頃から本格展開。今では他のネット通販各社も加わり、業界最大手のアリババ集団が主導する11月11日の「独身の日」と並ぶ一大商戦となった。

  1. 通信障害で「KDDI」「au」のほか「docomo」もトレンド入り

  2. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)の失恋に安堵の声「だまされるよりいい」「少し疑う気持ちも持って」

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

  4. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害