児童書

『ねこのこね』おくはらゆめ絵、石津ちひろ詩

産経ニュース
『ねこのこね』
『ねこのこね』

絵本を開くと、現れるのは春の野原の詩。一匹のネコがたたずむ中、黄色い花が起き上がる。「タンポポ ナノハナ キンポウゲ」「ヤマブキ カタバミ ハハコグサ」…。やがて梅雨に入り、暑い夏、実りの秋、静かな冬が過ぎて、また春が来る。そうした日本の四季を描いた8編の詩を、かわいいネコの絵とともに収録。声に出して読むと、言葉のリズムがこころよい。

「このこ こねこ ねこのこね」「とうとうこねこうとうと」…。回文や折句など、楽しい言葉遊びも随所に盛り込む。(アリス館・1430円)

  1. スタバ「メロンフラペチーノ」が販売開始!ネットの評判は…?

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」