線状降水帯生む「大気の川」日本初観測へ

産経ニュース
「大気の川」観測に使用する航空機=2021年9月、愛知県営名古屋空港(坪木和久名古屋大教授提供)
「大気の川」観測に使用する航空機=2021年9月、愛知県営名古屋空港(坪木和久名古屋大教授提供)

名古屋大などの国際共同研究チームが6~7月、豪雨をもたらす線状降水帯を生み出す「大気の川」の日本初となる航空機観測を実施することが18日、関係者への取材で分かった。大気の川は上空で帯状に続く水蒸気の流れだが、水蒸気の量などの正確な構造は分かっていない。近年に多発する豪雨のメカニズム解明につなげるのが狙い。

チームの坪木和久名古屋大教授は「正確な水蒸気量と立体的な構造が分かれば、豪雨の発生予測につながる」と期待を寄せている。

大気の川が東シナ海の上空で発生すると、九州や西日本に流れ込んで線状降水帯を形成し大雨をもたらすとみられる。熊本豪雨(令和2年)や西日本豪雨(平成30年)の原因にもなったと考えられている。観測には米国や台湾の研究機関が加わり、気象庁にも直ちにデータを送信する。

2日間にわたって沖縄・与那国島など、東シナ海周辺での観測を検討している。

  1. Wi-Fiルーターは暖房のついた部屋へ「知らんかった…」大寒波襲来を受けたバッファローの注意喚起が話題に

  2. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン