ヤドカリとなった、黒犬スキのパリ案内

ペットリュックの端からこんにちは。悪魔からヤドカリに転職したスキッパーキのスキです。今日はリュックの中から華の都パリをご紹介します。一歩も歩きませんよ←エー!

「はい、美食の街パリからお届けします。ヤドカリリポーター、スキです。ここはパリ3区にあるマルシェ・デ・ザンファンルージュ。歴史は1615年まで遡る、パリで最古の屋根付きマルシェ(市場)です」

Marche couvert des enfants rouges

https://www.paris.fr/lieux/marche-couvert-des-enfants-rouges-5461

現在は所狭しと各国料理のレストランが立ち並び、さながら屋台村。観光客と地元のパリジャンで、いつもお祭りのように賑わっています。

「美食レストランが立ち並ぶ中、今日ワタクシが紹介するのは…」

こちら!10年以上前から行列が絶えないサンドイッチ屋、「Chez Alain Miam Miam」です。オーガニックの野菜に、選りすぐられたハム、これでもかと削られる旨味爆発チーズ。真っ当な価格でこんな充実サンドイッチは、パリでここだけ。しかし、決してお昼時に行ってはいけません(?)。1時間並ぶこともあるので15時-16時など時間をずらすか、予めネットで注文しておくのがおすすめ。

Chez Alain Miam Miam

https://www.facebook.com/ChezAlainMiamMiam/

パンの大きさ、メインの具とチーズ(2種類)を選んでオーダーします。今回は生ハムとコンテチーズでよろしく。

溢れる具材をフォカッチャ的パンで包んでトースト。断面からして最高なんです。

サンドイッチを買って公園に向かいます。

途中にある花屋さん。

6月のパリといえば、芍薬。薔薇よりもパリに似合う花です(吉田パンダ調べ)。

公園のベンチに到着しました。ここでもヤドカリな黒犬です。

「生ハムポロっと落ちろ、生ハムポロっと落ちろ…」

だんだんヤドカリが板についてきましたな。

そんな黒犬スキも公園ピクニック。仔犬時代から、今も一日三食を続けています。

「おおお、これが行列の!!グルメサンドイッチうまーっ!!」

いや、いつものご飯だけどね。

さて、食後はマレ地区を少し歩きましょう。

「メイド・イン・パリ」のセンスの良い文房具屋、Papier Tigreへ。

Papier Tigre

https://www.papiertigre.fr/fr/p/boutiques/paris

「ベレー帽やマカロンより、お土産にはパピエ・ティーグルが良いよ!」と書かれています。

「ふぁあああ、何でもええわ」

まあ、犬にとってはね。

ヤドカリが割とウケて、皆に写真を撮られるスキ氏。

来ているお客さんの中に可愛い肉球タトゥーをしている人がいて、思わず声をかけて撮らせてもらいました。愛犬ならぬ、愛猫の肉球がモチーフだそうです。右肩には「beurre salé(ブール・サレ)」、塩バターと書かれています。なんで塩バター?と聞くと、ブルターニュの猫だから好物なのと(ブルターニュ地方はバターの名産地)。

以上、タトゥーにもペット愛が溢れる街、パリからお届けしました。次回はヤドカリ・スキのパリ歩き続編をお届けします。どうぞお楽しみに。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  3. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. スタバ「メロンフラペチーノ」が販売開始!ネットの評判は…?