視点

国は原発の安全に襟正す機会に 避難者訴訟

産経ニュース
原発避難者訴訟最高裁判決後の記者会見中、険しい表情になる馬奈木厳太郎弁護士=17日午後、東京都千代田区の衆議院第二議員会館(鴨志田拓海撮影)
原発避難者訴訟最高裁判決後の記者会見中、険しい表情になる馬奈木厳太郎弁護士=17日午後、東京都千代田区の衆議院第二議員会館(鴨志田拓海撮影)

多くの人々の人生を一変させた原発事故から11年余り。最高裁が下した国の賠償責任を認めないとする初判断は原告にとって厳しいものとなったが、東日本大震災における地震や津波の規模は、原告が論拠とした国の津波予測「長期評価」の想定をはるかに上回っていた。対策をしたとしても事故は防げなかった可能性は高いとした最高裁の判断は、法的に見れば妥当なものだ。

日本にとって、原発が必要なエネルギーであることは論をまたない。ロシアのウクライナ侵略で世界的にエネルギー価格が高騰する中、国内の火力発電所は老朽化し、電力需給の逼迫(ひっぱく)は深刻化している。電力の安定供給や電気料金の低減のみならず、脱炭素にも寄与する原発の重要性は高い。

一方、故郷や生業を奪われた福島の人々は、「国策」で進められた原発の安全性を信じていた。想定外であっても、ひとたび事故が起きれば、文字通り取り返しのつかない災厄を引き起こす。今も3万人以上が避難生活を余儀なくされる福島第1原発事故は、それを端的に表している。

国は今回の判決を受けて改めて襟を正し、安全に原発を活用するための施策に全力を尽くすべきだ。(原川真太郎)

最高裁、国の責任認めない判断 福島原発事故の避難者訴訟

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」