TBS系「パパとムスメの7日間」がリメーク スター育成プロジェクト初代グランプリ・飯沼愛が主演 憧れの先輩役になにわ男子・長尾 パパ役は眞島秀和

サンスポ
TBS系ドラマ「パパとムスメの7日間」に出演する左から長尾謙杜、飯沼愛、眞島秀和
TBS系ドラマ「パパとムスメの7日間」に出演する左から長尾謙杜、飯沼愛、眞島秀和

2007年のTBS系ドラマ「パパとムスメの7日間」が新人女優、飯沼愛(18)主演でリメークされ、7月26日から同局で放送(火曜深夜0・58)されることが15日、分かった。

前作で俳優、舘ひろし(72)と女優、新垣結衣(34)が事故により人格が入れ替わる親子を好演したラブコメディー。今作の親子役には飯沼と俳優、眞島秀和(45)を起用。飯沼扮する主人公の女子高生・小梅が憧れる先輩・健太をなにわ男子の長尾謙杜(19)が演じ、三角関係をより濃く描く。

飯沼は昨年、同局のスター育成プロジェクト「私が女優になる日_」で約9000人の中から初代グランプリに選ばれ、「この初恋はフィクションです」でドラマデビューにして初主演。今作で姿は小梅、中身は大嫌いなパパ・恭一郎という難役に挑み、「眞島さんをはじめ、たくさんの方々に助けていただきながら盛り上げていけたら」と気合十分だ。

長尾は前作でNEWSの加藤シゲアキ(34)が演じ、親子の入れ替わりに気づかないまま小梅にひかれていく役どころで「深夜に目が覚めるようなキュンキュンで笑っちゃう青春ドラマ」とアピール。女子高校生の言葉遣いやしぐさを披露する眞島は「若い俳優たちからエネルギーを分けてもらい、ハートフルなコメディーをお届けします」と約束した。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…