独仏伊首脳、侵攻後初めてウクライナ訪問 「出遅れ」で3人一緒に

産経ニュース
16日、ポーランドからウクライナ・キーウに向かう列車内で歓談する(左から)イタリアのドラギ首相、フランスのマクロン大統領、ドイツのショルツ首相(ロイター)
16日、ポーランドからウクライナ・キーウに向かう列車内で歓談する(左から)イタリアのドラギ首相、フランスのマクロン大統領、ドイツのショルツ首相(ロイター)

【パリ=三井美奈】マクロン仏大統領、ショルツ独首相、ドラギ伊首相の3首脳が16日、ウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪問した。2月のロシアによる侵攻後、それぞれ初めての訪問となった。

欧州からは4月以降、各国首脳が相次いでウクライナを訪問。フランスは欧州連合(EU)、ドイツは先進7カ国(G7)でそれぞれ議長国を務めるが、出遅れていた。3首脳は「ロシアとの対話」を掲げてウクライナ側の警戒を招いており、ゼレンスキー大統領との直接会談で関係再構築を目指す狙いがある。

マクロン氏は16日、列車でキーウ駅に入り、「ウクライナ支援で、EUの結束を伝えたい」と述べた。

ゼレンスキー氏との会談では、23、24日のEU首脳会議を前に、ウクライナのEU加盟問題が話し合われる。26日には、ドイツでG7首脳会議の開幕が控えており、G7によるウクライナ支援も課題となる。

独仏伊首脳はプーチン露大統領との電話会談を続け、早期停戦を目指してきたが、これまでに仲介外交の成果は皆無。ウクライナが、米国の圧倒的な軍事支援を受けて露軍を後退させる中、マクロン氏は「有用な時に行く」としてウクライナ訪問を見送ってきた。重要会議の日程に押される形で、15日のモルドバ訪問にあわせて実施を決めた。

ドイツからは4月、シュタインマイヤー大統領が東欧首脳とともにキーウ訪問を計画したが、ロシアとの関係からウクライナ側が難色を示したため断念。ドイツでは、首脳のウクライナ訪問の是非が、政治問題に発展していた。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図