藤井棋聖がリベンジ! ヒューリック杯棋聖戦第2局制し、永瀬王座とタイに/将棋

サンスポ
「第93期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」の第2局で永瀬拓矢王座と対局する藤井聡太棋聖=15日午後、新潟市の岩室温泉「高島屋」(松本健吾撮影)
「第93期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」の第2局で永瀬拓矢王座と対局する藤井聡太棋聖=15日午後、新潟市の岩室温泉「高島屋」(松本健吾撮影)

将棋の藤井聡太棋聖(19)=竜王など5冠=が3連覇に挑む「第93期ヒューリック杯棋聖戦」が15日、新潟市西蒲区の「高志の宿 高島屋」で指され、後手の藤井棋聖が138手で永瀬拓矢王座(29)を下し、1勝1敗のタイに戻した。2度の「千日手」指し直しの末に敗れた第1局のリベンジを果たし、公式戦3連敗中だった永瀬王座への〝苦手意識〟も払いのけた。勝てば3連覇へ王手となる第3局は、千葉県木更津市の「龍宮城スパホテル三日月」で指される。

若き五冠が巻き返した。一つの負けが命取りになり得る短期決戦の五番勝負。藤井棋聖がタイトル戦初の新潟決戦を制し、星を五分に戻した。

午後7時21分、永瀬王座が脱いでいたジャケットを着直して投了。和装の藤井棋聖は目をつぶり、「終盤はずっと苦しいのかなと思っていた。ここまで2局は内容的には押されている」。いつものように謙虚に反省を口にして、「内容を良くして(次戦以降も)戦えるようにしたい」と気を引き締めた。

「第93期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」の第2局で永瀬拓矢王座に勝利し、感想戦で対局を振り返る藤井聡太棋聖(左)=15日午後、新潟市西蒲区の「高志の宿 高島屋」(松本健吾撮影)
「第93期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」の第2局で永瀬拓矢王座に勝利し、感想戦で対局を振り返る藤井聡太棋聖(左)=15日午後、新潟市西蒲区の「高志の宿 高島屋」(松本健吾撮影)

負ければ崖っぷち、だった。第1局は2度の「千日手」指し直しの末、敗れた。永瀬王座には直近3連敗。この日敗れればタイトル戦初の連敗で永瀬王座への苦手意識がさらに強まり、3連覇へ暗雲が漂うところだ。

14歳だった四段時代からの研究仲間。新型コロナ流行前は永瀬王座が毎月のように名古屋市に通い、公式戦さながらに一日3局の「VS(ブイエス)」と呼ばれる練習将棋を指していた。

「雑談もせずに駒を並べ、夕食時も将棋以外の話は一切なかった」。研究会の場所を提供していた藤井棋聖の師匠、杉本昌隆八段(53)が明かす。コロナ禍後もオンラインで対戦を続け、「100局以上は指しているのでは」。本番で繰り出す〝切り札〟の作戦さえも練習で出し尽くしているとみられるが、「それでも互いに楽しんで指すのだろう」と杉本八段は予測した。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗