東証、続落し303円安 米利上げ警戒で1カ月ぶり安値に

産経ニュース
FRBが大幅な利上げに踏み切るとの見方から、リスク回避の姿勢が継続=ワシントン、FRB本部(共同)
FRBが大幅な利上げに踏み切るとの見方から、リスク回避の姿勢が継続=ワシントン、FRB本部(共同)

15日の東京株式市場の日経平均株価は大幅続落した。終値は前日比303円70銭安の2万6326円16銭で、約1カ月ぶりの安値を付けた。4営業日連続の値下がりで、下落幅は計1900円超。物価高抑制に向けて米連邦準備制度理事会(FRB)が大幅な利上げに踏み切るとの見方から、リスク回避の姿勢が継続している。

東証株価指数(TOPIX)は22・52ポイント安の1855・93。出来高は約12億2600万株。

15日まで連邦公開市場委員会(FOMC)を開催するFRBが政策金利を0・75%引き上げるとの見方から、14日の米ダウ工業株30種平均は5営業日続落し、約1年4カ月ぶりの安値水準となった。

15日の東京市場では朝方に平均株価がプラス圏に浮上する場面もあったが、保有株をいったん手放す動きが優勢だった。新規の買い材料に乏しい中、午後に下げ幅を広げて取引を終えた。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか