桑田チーフコーチインタビュー(後編) 「心を鬼にして」原監督に学ぶこと 好調の戸郷「7回無失点」で交代の真意

zakzak
インタビューに応じる巨人・桑田真澄投手チーフコーチ=東京ドーム(撮影・斎藤浩一)
インタビューに応じる巨人・桑田真澄投手チーフコーチ=東京ドーム(撮影・斎藤浩一)

巨人・桑田真澄投手チーフコーチ(54)の独占インタビューを前日に引き続きお届けする。後編では選手たちに成長を促すために施す工夫や、コーチの立場から見た原辰徳監督(63)のすごさ、コーチと監督としてのやりとりの一端を明かしてくれた。 (取材構成・片岡将)

――昨季、原監督の下で15年ぶりに巨人に復帰した。指導者同士の付き合いの中で、すごいと思ったこと、驚かされたことは

「いやもう、チームの雰囲気作りからゲーム中の読みまでたくさんありますよ。たとえばチームが勝つために選手の奮起を促す言葉とか、そのタイミングが鋭い。春季キャンプ後に戸郷と高橋優貴を2軍降格させるときもアドバイスをいただいたんです」

巨人・桑田真澄投手チーフコーチと話す巨人・原辰徳監督 =東京ドーム (撮影・中井誠)
巨人・桑田真澄投手チーフコーチと話す巨人・原辰徳監督 =東京ドーム (撮影・中井誠)

――監督からはどんな言葉が

「全部は言えないんですけど、『時には厳しいことをしないといけないんだ』ということを言われましたね。恐らく監督には、僕にコーチとして経験を積ませる意図もあったと思います。『心を鬼にして、彼らの成長につなげることも大事なんだよ』という話をされました」

――今の戸郷の好調はあのファーム行きがあったからこそともみえる

「去年のチームの左右の勝ち頭ですからね。2人ともキャンプでがんばっていましたが、うまくいかずにもがいている面がありました。厳しい決断でしたが、二人には課題克服の方法を提示しながらここまできました。戸郷はそれでガラッと変わりましたね。優貴は今、ファームで頑張っているところです。これもやっぱり本人たちの頑張りです」

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」