「沙羅双樹の花」見頃迎える 京都・東林院

産経ニュース
妙心寺の塔頭・東林院で始まった「沙羅の花を愛でる会」=15日午前、京都市右京区(渡辺恭晃撮影)
妙心寺の塔頭・東林院で始まった「沙羅の花を愛でる会」=15日午前、京都市右京区(渡辺恭晃撮影)

「沙羅双樹(さらそうじゅ)の寺」として親しまれる妙心寺の塔頭(たっちゅう)、東林院(京都市右京区)で15日、初夏恒例の「沙羅の花を愛でる会」が始まり、拝観者らが一日で散るはかなくも可憐(かれん)な花に見入っていた。30日まで。

沙羅の花はナツツバキの別名で、釈迦が亡くなった場所に植えられていたとされる。早朝に花を咲かせ、夕方には花を落とすため、世の無常の象徴として、平家物語にも「沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理(ことわり)をあらわす」と記されている。

東林院では約30本が植えられ、拝観者が緑のコケの上に落ちた白い花の色の対比を楽しんでいた。西川玄房(げんぼう)住職(83)は「新型コロナウイルス禍で、生きることの大切さを考えた人も多いと思う。一日で散る花を愛でることで、命の尊さを感じてほしい」と話していた。

午前9時半~午後4時で、拝観料が必要。問い合わせは東林院(075・463・1334)。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  3. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 25歳・大山亜由美さん死去 がん闘病1年…芸能事務所オスカーと契約、長身美人ゴルファー