九電、千葉の火力発電撤退 東ガスとの計画、採算考慮

産経ニュース

九州電力は15日、東京ガスと共同で進めていた千葉県袖ケ浦市の液化天然ガス(LNG)火力発電所の建設事業から撤退すると発表した。燃料価格の高騰や再生可能エネルギーの普及により、事業の採算性が不透明になったことを考慮した。

2028年の稼働を目指して一般的な原発2基分に相当する約200万キロワットを発電する計画だった。19年9月に九電と東京ガスの2社が折半出資して新会社を設立し、計画を進めていた。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗