「ナンバMG5」松役・豆三郎がクランクアップ 撮影を通して成長…間宮祥太朗との絆も明らかに

イザ!
松役の豆三郎(C)フジテレビ
松役の豆三郎(C)フジテレビ

俳優の間宮祥太朗が主演を務めるフジテレビ系ドラマ「ナンバMG5」に、主人公の愛犬、松役で出演中の柴犬、豆三郎がこのほどクランクアップした。

新しく誕生した「水10ドラマ」枠の第1弾。間宮と、「踊る大捜査線」シリーズなどで知られる本広克行監督がタッグを組み、漫画家、小沢としおさんの「ナンバMG5」(秋田書店)と「ナンバデッドエンド」(同)を実写ドラマ化する。

筋金入りのヤンキー一家、難破家の次男として生まれた剛(間宮)は、ケンカ生活に疑問を持ち、家族に内緒で白百合高校というごく普通の学校に入学。家族の前では特攻服姿で県内屈指のヤンキー校、市松高校に通うふりをしていたが、通学途中で着替え、真面目な高校生として憧れの青春を満喫するといった二重生活を送る。

仔犬の時に捨てられた窮地を剛に救ってもらい、難破家の飼い犬になった松。以来、剛への恩義を忘れず“アニキ”と慕っている。剛が二重生活を送っていることに家族中で一番早く気づきショックを受けるが、剛の葛藤をそばで見守ってきたバディ的な存在でもある。

松が第1話で登場するやいなや、その愛らしい表情や、真剣に走ったりほえたりする名演技に「かわいすぎる!」「松を見るためにドラマを見る!」と視聴者はメロメロに。第2話では、松の声を人気声優、津田健次郎が担当していると明かされ、津田の渋いイケボ(イケメンボイス、イケてるボイス)と豆三郎のルックスとのギャップが話題になった。

クランクアップの日は、剛の友人、伍代直樹(神尾楓珠)の自宅でのシーンの撮影だった。伍代の高級マンションにある白い革張りのソファにて最後のカットを撮り終えると、スタッフから「難破松役の豆三郎さん、オールアップです!」とかけ声が。間宮や神尾、そしてスタッフから一斉に大きな拍手が送られ、間宮が「豆!豆!」と大きな骨型のガムをプレゼント。その匂いを確認しつつも「?」と、微妙な表情を浮かべた豆三郎にスタッフは大爆笑だった。そして「一言どーぞ!」とのリクエストには、しっかり「ワン!ワン!ワン!」と答えた。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 山梨の女児不明 20分間に何があったのか 家族が経過明かす

  5. ウクライナ避難民女性と日本人の身元保証人にトラブル続発 78人が日本から出国