維新が使途公開法案を提出 参院選に向け旧文通費改革をアピール

産経ニュース
日本維新の会の馬場伸幸共同代表(矢島康弘撮影)
日本維新の会の馬場伸幸共同代表(矢島康弘撮影)

日本維新の会は15日、国会議員に月額100万円が支給される「調査研究広報滞在費」(旧・文書通信交通滞在費)について、使途公開と未使用分の国庫返納を義務付ける法案を衆院に提出した。他党に先んじて旧文通費の問題を提起した政党として、引き続き改革に挑む姿勢をアピールする狙いがある。

各党は4月、日割り支給に変更する法改正を先行して実現した。ただ、使途公開と未使用分の国庫返納については、今国会中に結論を出すと申し合わせていたものの、自民党は「結論を得られなかった」として先送りを決めた。

馬場伸幸共同代表は15日の記者会見で、日割り支給以外が実現しなかったことについて「最初からやる気があるのかないのか分からない運び方をしていた」と与党側を批判。他の野党も実現に向けた維新からの協議呼びかけに応じなかったとして、「実はやってほしくないということの裏返しととられても仕方がない」と突き放した。

維新は参院選で旧文通費改革の必要性を訴える方針。党幹部は「自民の後ろ向きな姿勢は選挙で維新にプラスに働く。絶好の批判材料だ」と語る。

  1. スタバ「メロンフラペチーノ」が販売開始!ネットの評判は…?

  2. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」