猫たちは、1番上の段がお好き

こんにちは。

猫たちを見ていると、時々不思議な場所にいることがあります。

そして、猫たちには共通のお気に入りの場所があるようです。

それが、階段の1番上の段。

朝起きたら、ミーくんが階段の1番上の段に座って、ボーっとしていました。

寝ている人間の様子をここから観察していたのでしょうか。(何をしているのかは、わかりません…)

そして別の日。

今度はアルちゃんが、階段の1番上に座って、こちらをジッと見ていました。

階段にジャストサイズなアルちゃん。

猫たちにとっては、下から少しのぞきこめるような、ちょうどいい位置なのでしょうか…?

猫は、高いところから人間を見下ろすのが好きといいますが、我が家の猫たちは逆なようです。

アルちゃんも、特に何をするわけでもなく、ボーッとしている様子でした。笑

階段を上がっている途中で立ち止まってしまったのか、それとも、階段を降りようとした1段目でやめてしまったのかは不明なのですが、2匹とも1番上の段がお好きなようです。

ミーくんとも、階段1段分の距離があれば大丈夫?

しばらくすると、アルちゃんが階段の上にあがってきたようで。

猫が落ちていました。

アルちゃん、最近ますますまぁるくなってきたような…。

普通なら夏の毛になったらスリムになるのでは? と不思議に思いつつ。

それでは、また来週。

  1. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信