東証、一時200円超安 米景気後退懸念が重荷

産経ニュース
東京証券取引所=東京都中央区
東京証券取引所=東京都中央区

15日午前の東京株式市場の日経平均株価は続落した。物価高抑制に向けて米連邦準備制度理事会(FRB)が金融引き締めを加速するとの見方から、米景気後退に対する懸念が強まり相場の重荷となった。下げ幅は一時200円を超えた。

午前10時現在は前日終値比186円36銭安の2万6443円50銭。東証株価指数(TOPIX)は12・49ポイント安の1865・96。

14日の米ダウ工業株30種平均は5営業日続落し、約1年4カ月ぶりの安値水準となった。投資家がリスク回避姿勢を強めた流れを15日の東京市場も引き継ぎ、朝方から売り注文が優勢だった。

ただ、14日までの3営業日で平均株価が計1600円超下落していたこともあり、買い戻しの動きからプラス圏に浮上する場面もあった。

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?