新電力撤退で提訴へ 契約の福岡・大牟田市

産経ニュース

福岡県大牟田市は14日、購入契約を結んでいた新電力のウエスト電力(広島市)が電力小売り事業から撤退を発表し、割高な電力の購入を強いられたとして、約816万円の損害賠償を求め、近く福岡地裁大牟田支部に提訴すると明らかにした。

今回の請求額は5月分のみで、市は今後9月分までの差額を順次追加し、最終的な請求額は5千万円ほどになる見込み。

市によると、昨年10月~今年9月、ウエスト電力から購入する契約を結んでいたが、今年3月、電力供給事業から4月末で撤退すると連絡があったため、市は契約解除通知書を送付。新たな入札は不調に終わり、5月以降は九州電力送配電から、標準価格の1・2倍となる最終保障供給料金で電力を購入することになった。

親会社のウエストホールディングスは取材に「誠心誠意対応していく」と話した。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗