藤井聡太棋聖「楽しんでいただける熱戦を」 棋聖戦第2局開幕式/将棋

サンスポ
対局を前に記念撮影で笑顔を見せる藤井聡太棋聖=14日午後、新潟市西蒲区の岩室温泉「高島屋」(土井繁孝撮影)
対局を前に記念撮影で笑顔を見せる藤井聡太棋聖=14日午後、新潟市西蒲区の岩室温泉「高島屋」(土井繁孝撮影)

将棋の藤井聡太棋聖(19)=竜王・王位・叡王・王将との5冠=、永瀬拓矢王座(29)が14日、新潟市西蒲区「高志の宿 高島屋」で行われた「第93期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)第2局の開幕式に出席した。

今月4日の第1局は2度の千日手の末、永瀬王座が先勝し、巻き返しを狙う藤井棋聖。初訪問の高島屋は棋聖戦で数々の名勝負が繰り広げられたが、藤井棋聖は「いつか訪れてみたいと思っていた。今回それが実現してうれしく思っています」とあいさつ。「第1局で敗れてしまって、厳しいスタートになってしまったが、1局指して反省点が多く見つかったとも感じている。第2局以降に生かして頑張っていきたい」と意気込んだ。

15日は現地で大盤解説会が開かれ、「来場いただいたファンの皆さまに楽しんでいただける熱戦にしたい」と呼びかけた。

開会式で花束を手にする藤井聡太棋聖(右)と永瀬拓矢王座=14日午後、新潟市の岩室温泉「高島屋」(松本健吾撮影)
開会式で花束を手にする藤井聡太棋聖(右)と永瀬拓矢王座=14日午後、新潟市の岩室温泉「高島屋」(松本健吾撮影)

挑戦者の永瀬王座は、同所で2016年に指され、当時棋聖の羽生善治九段に挑戦した棋聖戦を振り返り、「結果は幸いしませんでしたが、その経験が今の自分を支えています。あす(15日)も一生懸命、藤井棋聖にぶつかりたい」と意気込んだ。


  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図