細胞農業議連が発足 自民・甘利氏らが共同代表就任

産経ニュース
細胞農業によるサステナブル社会推進議員連盟の設立総会であいさつする自民党の甘利明前幹事長(中央)=13日午後、国会(原川貴郎撮影)
細胞農業によるサステナブル社会推進議員連盟の設立総会であいさつする自民党の甘利明前幹事長(中央)=13日午後、国会(原川貴郎撮影)

自民党の有志議員が13日、「細胞農業によるサステナブル社会推進議員連盟」を設立し、甘利明前幹事長、松野博一官房長官、赤沢亮正衆院議員が共同代表に就任した。

動物の細胞を培養し、人工的に牛肉や豚肉、魚肉を生産する技術は「細胞農業」と呼ばれ、シンガポールでは既に培養鶏肉が市販されている。

一方、国内では、日清食品ホールディングスが東大との共同研究で「食べられる培養肉」の作製に成功しているが、現状では市販は認められていない。

議連は「既存の食料システム、畜産関係者と調和し、食料安全保障に資するとともにサステナブル(持続可能)な社会を推進する」ことを目標に掲げ、細胞農業で生産した食品の早期市販開始に向けた提言などを行っていく方針だ。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」