多すぎて分からない「ワイヤレスイヤフォン」 選び方のポイントを解説

ITメディア
ワイヤレスイヤフォン(TWSイヤフォン)の選び方をお伝えする
ワイヤレスイヤフォン(TWSイヤフォン)の選び方をお伝えする

完全左右独立型のイヤフォンは「TWS(True Wireless Stereo)イヤフォン」とも呼ばれ、ここ数年で多く普及していることもあり、販売される製品も数多くある。しかし、どんな製品を選んでいいか分からないという人も多いだろう。そこで今回は、ワイヤレスイヤフォンを選ぶポイントを解説したい。

なお、完全左右独立型イヤフォンは「TWS(True Wireless Stereo)イヤフォン」とも呼ばれるため、以下、TWSイヤフォンと記す

価格帯は4000円台~3万円以上とさまざま

TWSイヤフォンを選ぶときにまず考えたいのが「値段による機能の違い」だ。5000円以下の商品では、機能や音質よりもコスト面での優先度が求められるので、お世辞にも使いやすいといえる商品は少ない。話題にも挙がるノイズキャンセリングや外音取り込みなどの機能もなく、ごくごく普通のリスニング用イヤフォンと呼ぶべき商品が大半だ。

ただ、ゲオなどに代表されるショップでは、4000円程度の製品でもノイズキャンセリングを搭載する製品も販売している。また、カラーリングが豊富な商品が多い点も特徴の1つといえる。しかし専用アプリは多くの場合で用意されておらず、カスタマイズができないものも多い。

1万~2万円前後の価格帯は、各社最も力を入れている価格帯だ。この価格帯ではオーディオメーカー、スマートフォンメーカーを始めとした大手メーカーも参入しており、音質面でも機能面でも5000円クラスの商品とは明確な差を感じるものとなる。Appleの「AirPods」をはじめ、「Galaxy Buds」やHuaweiの「FreeBuds」などもこの価格帯の商品だ。この価格帯ではAppleのEarPodsなどに倣った機能を持つオールマイティーな商品もあれば、音質やノイズキャンセリングなどの得意分野に焦点を当てて、その分野に特化した商品もある。

3万円クラスとなれば各社のフラグシップモデルがずらっと並ぶ最上位クラスとなる。ワンランク上の高品質なアクティブノイズキャンセリング、卓越した音質、多数のイヤーピースによる装着感の自由度の高さ、長時間使用可能なバッテリー、使い勝手のよい充電ケースなどを備えたプレミアムな商品が展開されている。Appleの「AirPods Pro」やソニーの「WF-1000XM4」などの評価の高い機種もこの価格帯だ。価格に見合った機能を備えていることから、人気の高いランクでもある。

スマートフォンと同じメーカーの製品を選ぶ

TWSイヤフォンの魅力として挙げられる点が「今までのイヤフォンではできなかった新しい体験」がある。特にスマートフォンと高度に連携できることが魅力で、機種によっては端末間のシームレスな切り替えが可能なものもある。この部分に関しては、主にスマートフォンを展開するメーカーが発売している機種が強い。AirPodsやGalaxy Budsなどが代表例といえる。これらのイヤフォンでは、スマートフォン内に専用のアプリがインストールされているなど、使い勝手がよくなっている。

iPhoneに関しては、AirPodsやAirPods Proが最良の選択肢だといえる。これは音質だけではなく、機能面や相性面での利便性の方が大きいからだ。ストレスフリーのペアリング、紛失したときの追跡機能、各種サウンドのカスタマイズなどを考えれば、これ以上の商品はない。さらに、AirPods Proは専用チップによる高度なノイズキャンセリングと、違和感の少ない外音取り込み機能が高い評価を得ている。

Android端末では主にサムスンや中国系のメーカーがAppleにならった自社のエコシステムに組み込むような形での商品展開をしている。これらのイヤフォンはBluetooth規格のため、AirPodsをAndroidスマートフォンで使うことも可能だ。ただ、最大限に機能を発揮しようと思うと、イヤフォンと同じメーカーのスマートフォンでそろえた方がベターだ。

アクティブノイズキャンセリングや外音取り込み機能にも注目

スマートフォンメーカーだけでなく、オーディオメーカー各社も多種多様なイヤフォンを展開している。アクティブノイズキャンセリングや外音取り込み機能は目に見えて選びやすい機能といえる。

アクティブノイズキャンセリングの設計は難しいものだが、近年はQualcommがこれらの機能を内蔵したプロセッサを展開しているため、これを搭載したことで、安価で高性能なノイズキャンセリング機能や、外音取り込み機能を搭載できた機種も多く、機種が増えて選びやすくなった。ただ、精度は搭載しているマイクの性能、設置位置、使用しているスピーカの特性などに左右されるので、一概に全ての機種でいいとはいえない状況だ。

ノイズキャンセリングで評価が高い製品が、ソニーの「WF1000X」シリーズだ。ウォークマンや専用機で培った独自のアルゴリズムを搭載し、多くのユーザーから高い評価を得ている。

対応するコーデックから考える

音質面では「コーデック」というものが関わってくる。商品紹介でよく見かける「SBC」や「AAC」は多くのTWSイヤフォンで標準対応になりつつあるコーデックだ。スマートフォン側もほぼ全ての機種が対応しているといえる。

高音質なコーデックとしてはQualcommの「aptX」が有名だ。現在では派生した幾つかの上位規格をひとまとめにした「aptX Adaptive」対応のイヤフォンとスマートフォンが増えている。「Final ZE3000」や「Noble Audio Falcon 2」などの高音質を売りにする機種ではaptX Adaptiveに対応している。

近年では「Snapdragon Sound」というものも登場している。aptX Adaptiveの24bit/96KHz再生に対応し、Qualcomm製の特定のチップを搭載した上で、同社ラボで接続性や周波数特性、信号遅延などの試験に合格した機種にのみ与えられる称号だ。対応イヤフォンはまだ少ないが、今後増えていくことに期待していきたい。

AVIOTの「TE-BD21j-ltd」は数少ないSnapdragon Sound対応機種だ。対応スマートフォンもかなり少数だが、対応機器同士の組み合わせでは非常に高品質なリスニングが可能だ。

この他に「LDAC」と呼ばれるコーデックがある。ソニーが旗振りをして策定したコーデックで、ハイレゾ相当の高音質なサウンドを再生できる。ソニーのXperiaシリーズだけでなく、近年のAndroidスマートフォンでは多くの機種で利用できる。ソニーの「WF-1000XM4」はLDACにも対応するだけでなく、高音質に磨きをかけた商品だ。

コーデック以外では搭載しているドライバーユニット(スピーカー)の性能や構成、各社のサウンドチューニングなどが音質に大きく関わってくる。

JVCの「FW1000T」では、同社の有線イヤフォン同様にウッドドーム振動版を採用している。11?と大型のユニットを採用したこともあって、独特の雰囲気をもつサウンドに仕上がっており、市場でも異彩を放つ商品だ。

高音質再生に全てを振った商品としてはNoble Audioの「Fokus Pro」がある。ノイズキャンセリングなどの機能も持たない商品だが、プロ仕様の構成と卓越したチューニングで既存のTWSイヤフォンとは一線を画すクオリティーのサウンドが楽しめる。実売価格が5万円以上とこの手の商品としてはかなり高額な価格設定ながら、一時は生産が追い付かずに受注停止となったくらいの人気商品だ。

なお、iPhoneではSBCとAACのコーデックにしか対応していない関係で、aptXやLDAC対応のイヤフォンの性能を発揮するのは難しい環境だ。これらのTWSイヤフォンではハードウェア的には高音質で聴けるのに問題はないのだが、音質の点から言うと、コーデックなどで最適化されたAndroidスマートフォンの方が有利だ。ソニーのWF-1000XM4などのように、本体にアップコンバート機能を備え、スマートフォンを選ばずに高音質化できる機種もあるが、かなり少数になる。

スマホアプリとの連携や防水性能などもチェック

次は主にスマートフォン連携アプリの完成度、充電ケースの使い勝手、イヤフォン本体の防滴・防水・防塵(じん)性能から商品を見ていきたい。

連携アプリではイヤフォンの音を自分好みに調整したり、本体の操作をカスタマイズできる。その例としてはソニーの「Headphone connect」がある。本体機能の操作やカスタマイズ、イコライザーの設定や本体のソフトウェアアップデートが可能だ。

充電ケースの使い勝手も重要だ。ケースの厚さや大きさはポケットやカバンに入れるにあたって、大きすぎるものはストレスになるからだ。近年では充電ケースの小型化と、Qi規格による無接点充電がトレンドだ。GalaxyやXperiaをはじめとして本体のリバース充電に対応している機種であれば、本体からイヤフォンの充電が可能だ。

イヤフォンの防滴・防水・防塵は近年注目されており、多くの機種がIP54相応の規格に対応している。急な雨などに当たっても極度に心配する必要はない。ソニーの「WF-SP900」のようにIP68等級の防水に対応し、スイミングしながらの利用が可能な商品もある。スポーツ用途重視の商品では丸洗いできたりと、使用場面に応じて使い分ける「2台目のイヤフォン」としても優秀だ。

TWSイヤフォンは「耳に着用するガジェット」という側面もある。あまり知られてはいないが、Apple AirPods Proではイヤフォン本体に加速度センサーが内蔵されている。ダイナミックヘッドトラッキング機能を使用した空間オーディオもこのセンサーを用いたものだ。加えてAirPods Proで取得した情報を使用して、3Dアバターをリアルタイムで動かすことまで可能だ。この場合、イヤフォンの加速度センサーで顔の動きを高精度にトラッキングするわけだ。一方でGoogleが販売する「Pixel Buds」では着用したままのリアルタイム翻訳が可能だ。

TWSイヤフォンはまだまだ進化の途中

ここまで、TWSイヤフォンを選ぶにあたって、価格、機能面や音質などに焦点を当てて紹介してきた。TWSイヤフォンはアンプやD/Aコンバーターの性能も向上し、コーデックやDSP処理の進化などもあって高品質なサウンドへと進化を遂げた。

また今では、イヤフォンでは従来では不可能であったソフトウェア更新による不具合修正や機能追加も、スマートフォンを通じて可能になっている。

このように、ただ音楽を楽しむデバイスから、音楽を楽しむ行為に新しい付加価値を与えてくれるデバイスになりつつあるTWSイヤフォン。今や街で着けている人を見かけない日はないくらいにまで普及した商品だ。使用する用途や求める機能、音質、予算を考えて最良のTWSイヤフォンを選択してみてはいかがだろうか。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗