出自情報、任意で提供依頼 慈恵病院の赤ちゃんポスト

産経ニュース
慈恵病院に設置されている赤ちゃんポスト
慈恵病院に設置されている赤ちゃんポスト

親が育てられない乳幼児を匿名で受け入れる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を運営する熊本市の慈恵病院が、預けに来た母親らに対し、将来、子供に開示する出自情報の提供を任意で依頼することが13日分かった。

ポストを巡っては、子供の出自を知る権利の保障が課題になっている。慈恵病院の蓮田健院長は「現在は出産を周囲に知られたくなくても、15~20年後なら大丈夫という可能性もある。強制はしない」と話した。

慈恵病院が令和元年12月に導入した独自の「内密出産制度」では、妊婦は匿名で出産できるが、病院の相談員1人にのみ身分証を提示。妊婦の身分情報は子供が一定の年齢に達した時点で母親の同意のもとに開示する。この仕組みにならい、ポストに預け入れに来た母親らに接触できた場合に、身分証の提示を依頼する。情報は病院の金庫内で厳重に保管する。


  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず