「ちむどんどん」賢秀、ついに覚醒? ネットは「豚飼育のエキスパート賢秀」と感嘆、あさイチ出演も退場ならず

イザ!
ヒロイン、比嘉暢子(黒島結菜)の兄、賢秀(竜星涼)。(C)NHK
ヒロイン、比嘉暢子(黒島結菜)の兄、賢秀(竜星涼)。(C)NHK

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の第46話が13日放送され、ヒロインの兄、比嘉賢秀(竜星涼)が見せた「豚の扱い方」が話題になり、放送後、視聴者からSNSに「ぴったり」「豚飼育のエキスパート」などのコメントが寄せられた。

沖縄のサトウキビ農家の次女として生まれ、沖縄料理に夢をかけるヒロインとそのきょうだいたちの姿を描く同作。女優の黒島結菜がヒロインの暢子役を演じている。タイトルの「ちむどんどん」は、沖縄の言葉で「心がドキドキする」を意味する。

賢秀は比嘉家の長男で、一家のトラブルメーカー。過去の放送では、自身が起こしたケンカが発端で暢子の就職内定が白紙になりそうになったり、さらに一獲千金を狙い投資詐欺に引っかかり、家計が苦しい比嘉家に大打撃を与えたこともあった。その後、家出し上京するが、ボクシングジムで会長や同僚たちにお金を借りまくり、そのままドロン。長女の良子(川口春奈)に縁談が持ち上がったときには、相手家族に良子のストーカーがいるとして手切れ金を要求したほか、放浪の末、たどり着いた千葉の養豚場でも給与を前借りしたまま姿を消してしまった。その後、「紅茶豆腐」という怪しい飲み物を販売するビジネスを手掛けるも“ビジネスパートナー”に金を持ち逃げされてとん挫すると、第45話(10日放送)で再び千葉の養豚場に戻って地道に働き始めた。賢秀は子供の頃から豚が大好きで、かつては2頭の豚、アベベとアババを可愛がり、毎日のように世話をしていた。

この日から第10週「あの日、イカスミジューシー」(第46~50話)がスタート。引き続き千葉の養豚場で勤務する賢秀は、出産を控える豚が熱を出したため、自身の飼育経験を生かして飼料を柿に変更した。しかし、養豚場を経営する猪野寛大(中原丈雄)の娘、清恵(佐津川愛美)は、賢秀が勝手にエサを変えたことに怒り、2人は言い争いに。すると寛大がやって来て「賢秀の言うとおりだ。獣医さんに電話したら、柿を食わせるのも悪くないそうだ」と賢秀の判断を支持した。不満をあらわにする清恵に対して賢秀は「アリ、見てみ!」と得意げな表情を見せた。

寛大は続けて「ずっといてくれりゃ助かるんだがな」とポツリ。だが、賢秀は胸に手を当てながら「そうはいきません。今の俺は仮の姿。早いとこ新しいビジネスチャンスを見つけて、沖縄の家族に楽させてやらないと」と野心を語った。

  1. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  2. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  3. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 川口春奈主演「silent」Snow Man目黒蓮の迫真の演技に視聴者号泣「すごいドラマ」「毎週泣く自信ある」