市川染五郎が自身が演じる信康姿で〝信康さん〟と対面 450年の時空を超えた⁉

サンスポ
左から、市川染五郎、〝信康さん〟©松竹
左から、市川染五郎、〝信康さん〟©松竹

東京・銀座の歌舞伎座で上演中の「六月大歌舞伎」に出演する歌舞伎俳優、市川染五郎(17)が11日、〝徳川信康公〟と奇跡の対面を果たした。

同公演の第2部「信康」の主人公で徳川家康の嫡男、徳川信康役を演じる縁で、ゆかりの地である静岡・浜松市天竜地区の「信康の会」が制作したキャラクター、信康さんが来場。450年の時を超え⁉ ガッチリ〝ご本人〟と握手をかわした染五郎は「今、一番会いたい人だったのでうれしい。カッコいいです! 先月、信康のゆかりの地にも行かせていただきました。その後、父(松本幸四郎)が信康さんグッズをネットでたくさん買ってくれまして、今月はその缶バッチやボールペンやストラップを楽屋の鏡台脇に飾っています」と大興奮していた。

演目の「信康」については「舞台に立っていてもお客様のすすり泣く声が聞こえてきて、伝えたいことが伝わっているののかなと思い、すごくうれしい」と手応えを感じていた。27日まで上演。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」