ニカラグア、ロ軍駐留許可 反米左派政権、米に脅威か

産経ニュース
ニカラグアのオルテガ大統領(AP)
ニカラグアのオルテガ大統領(AP)

中米ニカラグアの反米左派オルテガ大統領は11日までに、緊急事態などの際にロシア軍の兵士や航空機、艦艇の駐留を許可する大統領令を出し、官報に掲載された。首都マナグアと米首都ワシントンの距離は約3千キロで、米本土への脅威となる可能性がある。

7日付官報によると、許可の期間は7月1日から12月31日まで。「交流や人道支援、緊急事態時の相互利益」などが目的としている。ニカラグア軍との特別作戦の訓練をするためロシア軍部隊を受け入れることも承認した。

メキシコや中米の近隣国、キューバ、米国の軍の駐留なども許可したが、米軍の駐留には「ニカラグア軍と事前に計画と調整の上で」という文言が加えられている。(共同)

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 山梨の女児不明 20分間に何があったのか 家族が経過明かす

  5. ウクライナ避難民女性と日本人の身元保証人にトラブル続発 78人が日本から出国