iDeCoとNISAの違いは? 初心者にもおすすめ運用術 60歳から受け取れないイデコ 60歳前後で始める資産運用の選択肢にニーサ

zakzak
iDeCoの公式サイト(ネットより)
iDeCoの公式サイト(ネットより)

政府は個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の加入年齢を、現行の64歳以下から65歳以上に引き上げる方針だ。少額投資非課税制度(NISA)についても拡充が検討されている。いずれも税制面でのメリットがあるが、どのように制度を使い分ければよいのか。初心者もおすすめの運用術を検討してみた。

制度拡充は「資産所得の倍増」を提唱している岸田文雄政権の目玉施策の一つ。イデコは5月に加入年齢の上限が60歳未満から65歳未満へ引き上げられたばかりだが、希望者が70歳まで働ける機会の確保が企業の努力義務になったことを背景に、資産形成を後押しする狙いだ。

イデコは、老後資金の形成を推進するため2001年に始まった。当初は自営業者などだったが、17年に主婦や公務員、企業年金に加入している会社員も加入できるようになったため、加入者数が急増した。

掛け金は月々5000円以上で、納付の度に手数料が必要になる。掛け金の上限は第1号被保険者であれば月6万8000円、会社に企業年金のない会社員(第2号被保険者)は月2万3000円になる。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?